「センターサーバー方式」を採用したSuica改札システム導入へ(JR東日本)

2023年4月5日11:42

JR東日本は、2023 年度から「センターサーバー方式」を採用した新しいSuica改札システムを導入し、Suica 共通基盤化を推進すると発表した。

Suica サービスの将来像(JR東日本)

同システム導入によりサービス機能の拡張性や処理スピードを向上し、多様化するニーズに対応した「新しい Suica サービス」の提供を実現することにより、グループ経営ビジョン「変革 2027」で目指すシームレスな移動と多様なサービスのワンストップ化を目指すという。

同システムは、運賃計算などの処理は全てセンターサーバーで行う。なお、同システムを導入した改札機についてもSuica の利用方法は変わらない。5月27日から北東北3エリアの 45 駅に同システムを導入する。なお、首都圏・仙台・新潟エリアについては夏以降に順次導入を進める。

同システムの特徴として、高速なサーバーおよび通信ネットワークにより、首都圏の鉄道利用に求められる高速な処理に対応する。サーバー台数の変更や他サーバーシステムとの連携などにより、サービス機能の拡張性が向上するという。また、現行の改札機とくらべ、処理スピードが速くなり、複雑な計算処理が可能となる。さらに、将来の機能向上などの改修作業において、工期短縮がはかられ、コストダウンにつながるそうだ。

将来像として、同システムや鉄道チケットシステムの導入を通じ、これまでの Suica サービスを革新するプラットフォームを整備する。それにより、これまでのSuicaサービスに加えて「新しいSuicaサービス」の提供を可能とし、JR 東日本グループをシームレスに利用できる環境の実現を目指す。例えば、Suica による首都圏エリアと仙台エリアをまたがる SF 利用、時間帯や曜日などの利用条件による SF 割引クーポンなどの提供、MaaS で目的地の交通や観光などのチケットをセットで購入、といったことが可能になるそうだ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP