住信SBIネット銀行 BaaS事業が口座数の伸びを牽引、黒字化も成長はこれから

2023年5月17日8:00

住信SBIネット銀行は、2023年5月15日、2023年3月期通期決算記者会見を開催した。戦略事業であるBaaS(Banking as a Service)事業のパートナーが拡大するとともに、口座収益も増加して同事業は12億円の黒字となった。住信SBIネット銀行では、提携パートナーの増加とともにBaaS事業はさらに成長が加速すると考えている。

住信SBIネット銀行 代表取締役社長 円山 法昭氏

BaaS事業の口座数は前年比+200%
決済件数のCAGRは3年間で25.7%

住信SBIネット銀行のデジタルバンク事業は、貸出金残高は前年度+22.3%増の6.5兆円、手数料収益は前年比+41%増の117億円と好調だった。住宅ローンの年間実行額は前年比+19.9%の成長となった。住宅ローン市場のシェアは第3四半期までの累計として、前年の4.4%に対し6.5%に伸長している。BaaSに関しては、口座数は前年比+200%、約3倍の81.9万口座を獲得。「粗利ベースでは、前年比162%増で黒字化を達成しました」(住信SBIネット銀行 代表取締役社長 円山 法昭氏)。アセットクオリティにおいても0.02%と大手銀行の10分の1以下の住宅ローン期待損失率となっている。Pro-Forma ROEは16.1%、銀行単体での経費率も50.0%と改善が進んでいる。

決算の概要として、業務粗利は17.5%増、営業経費は伸びを抑え、経常利益は+26.3%増、純利益は16.5%増となり、過去最高益となった。

住信SBIネット銀行では、2025年3月期に400億円の経常利益を目指している。中期事業目標への進捗として、22年3月期の232億円から23年3月期は293億円に増加。24年3月期は340億円を予測しているが、順調に推移しているそうだ。Pro-Forma ROEは今年度16.5%、25年度4月期に17%以上は実現できると見ている。口座数は614万だが、24年3月期に700万以上、25年3月期は900万以上を目指している。それを牽引するのは、BaaS事業で現在の82万口座から、24年3月期は150万以上、25年3月期は350万以上を掲げている。住宅ローン実行額は、24年3月期に1兆7,000億円、25年3月期は2兆円を見据えている。

預金残高は7兆9,754億円、貸出金残高は5兆7,614億円となり、順調に成長している。また、3年間の成長を見ると、経常利益の成長率は15.7%、純利益は16.6%の成長となり、「過去最高を更新しながら成長の角度を上げています」(円山氏)。また、デジタルバンク事業やBaaS事業の決済の合計の決済件数は3年間で25.7%、手数料収益は30.2%伸びている。全体に占める割合は高くはないが、デビットカードの決済件数も高い伸びとなった。

成長する住宅ローン実行額は25年3月期にシェア10%を目指しているが、原動力となっているのが銀行代理業であり、3年間で45.6%の成長となっている。提携先数も148拠点、26先まで増えている。今後はBaaS事業で提携したオープンハウス、野村不動産ソリューションズとの提携によりさらに成長が加速していくと期待する。

口座獲得単価を抑えて口座数が伸長
BaaS事業は30億の利益改善、提携パートナーの特性は?

BaaS事業は、2年前に日本航空(JAL)、CCCMKホールディングスからスタートしたが、22年3月期に5社、23年3月期に10社となり、25年3月期は20社以上を目標としている。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP