神奈川県「キャッシュレス・消費喚起事業」第3弾の運営に参画(ネットスターズ)

2023年7月3日19:33

ネットスターズは、神奈川県が2023年7月27日より実施する「キャッシュレス・消費喚起事業」第3弾に、同事業の運営を行う共同企業体の一社として参画する。同事業は、神奈川県内の小売店・サービス事業者・飲食店等において、同事業の専用決済アプリ「かながわPay」を用いて決済を行った消費者に対して、ポイント還元を行い、キャッシュレス決済の浸透もはかりながら県内での消費拡大を図るものだ。

かながわPay第3弾キャンペーンバナー(20%ポイント還元)(ネットスターズ)

同事業の第1弾は2021年10月から2022年5月にかけて、第2弾は2022年7月から2023年1月にかけてコロナウイルス感染拡大によって売上が減少した神奈川県内の事業者等の支援を目的に実施された。同事業専用アプリ「かながわPay」を通じてQRコード読み取りを通じた決済サービスで代金を支払い時、決済額の最大20%(第1弾は総額70億円分、第2弾は総額100億円分)の金額に相当するポイントを消費者に還元するもので、アプリは185万以上ダウンロードされた。今回、同事業の第2弾までの好評を受けて、原油高、物価高騰などの影響により売上げが減少している県内産業の支援や消費者の負担を軽減するため、同じく1人あたり最大30,000ポイント付与する第3弾を実施することとなった。

ネットスターズはこれまで、キャッシュレス決済の普及や店舗のデジタル化を推進するDX事業に取り組んできたそうだ。同事業においてもネットスターズは、ゲートウェイ事業者としての技術力、ノウハウを活かし、支払いやポイント利用に必要な「かながわPay」アプリ、決済システム、店舗用申込サイト、店舗用売上管理システムの提供・運用を行う。

株式会社ネットスターズ

〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-3-5 住友不動産八丁堀ビル3階
2009年の創業以来ゲートウェイ事業を展開。2015年にQRコード決済サービス「WeChatPay」を代理店として日本に初めて導入。以降、国内外のQRコード決済をはじめとするキャッシュレス決済を店舗に一度に導入・管理できるマルチキャッシュレス決済ソリューション「StarPay」を展開。現在は「StarPay」の技術力を基盤に、多角的なサービス展開に取り組んでいます。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP