クラウド型法人カード「paild」がPCI DSS ver4.0に準拠(ペイルド)

2023年8月7日15:00

ペイルドは、クラウド型法人カード「paild(ペイルド)」において、ペイメントカード情報セキュリティの国際統一基準であるPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)の最新バージョンであるPCI DSS ver4.0に準拠したと発表した。

「paild」がPCI DSSの最新版(PCI DSS ver4.0)に準拠(ペイルド)

PCI DSSとは、クレジットカード等の会員情報を保護することを目的に、国際ペイメントブランド5社(American Express、Discover、JCB、マスターカード、Visa)が、共同で策定したカード情報セキュリティの国際統一基準だ。同基準は、クレジットカード等のカード事業やECサイト、決済代行業などのカード情報を管理・処理・電送するすべての企業に準拠が求められている。

今回、提供する「paild」が準拠審査を通じて認定されたPCI DSS ver4.0は、年々増加傾向にあるオンラインスキミングやフィッシングなどの新しい攻撃手法への対応が盛り込まれた改定として約8年ぶり(2022年3月31日)にメジャーバージョンアップとしてリリースされた。従来のPCI DSS v3.2.1は、2024年3月31日まで有効だが、すでに準拠している事業者は移行期間中にPCI DSS v4.0またはそれ以降でのバージョンにおける要件に対応する必要があるという。

なお、2020年8月にリリースしたクラウド型法人カード「paild」は、オンライン上で法人カードを発行・管理できるサービスだ。通常のカード決済に加え、ICチップ決済、タッチ決済、3-Dセキュア(本人認証)など細かな利用制限や証憑の回収管理などの周辺機能も提供しているという。これまでに会計連携やSaaS管理機能、証憑メール添付機能、決済できる金額や期間、オンライン決済の制御といった支出管理に対応した機能をリリースし、今後も利用企業様の声をもとに新機能を順次開発していく予定だという。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP