アイティフォー、マルチペイメント・マルチサービスに対応の決済端末「SATURN1000F2」を本格展開 Android OSの強みを生かした機能追加で販売力強化

2024年3月4日7:00

 

アイティフォーは、Android OSを搭載した最新のモバイル型マルチ決済端末「SATURN(サターン)1000F2」の展開を本格的に加速させる。キャッシュレスソリューション「iRITSpay(アイリッツペイ)」の新機種で、従来の決済端末「VEGA3000シリーズ」のマルチ決済機能を継承するほか、多彩なサービスを追加するためのプラットフォームにも対応している。ハイエンド向けの「SATURN1000F2」をラインアップに加えることで、同社の決済端末ビジネスは新たな段階に入り、累計15万台からの上乗せを図る。(決済・金融・流通サービスの強化書2024【PR】)

アイティフォー事業本部事業推進二部第二グループ課長 齋藤岳深氏と決済ビジネス事業部営業部 山下真司氏

台湾Castles Technologyと築いた実績と信頼
アプリ利用を柔軟化し、
店舗の集客力や効率化にも貢献

SATURN1000F2は、カード決済端末や非接触ICカードリーダーを世界市場で展開している台湾のCastles Technology Co.,Ltd(キャッスル・テクノロジー)が新たに設計した次世代型モバイルデバイスだ。アイティフォー事業本部事業推進二部第二グループ課長 齋藤岳深氏によれば、「キャッシュレス・マルチペイメントにとどまらず、店舗の業務を効率化するためのさまざまな業務アプリケーションのニーズが高まっています。SATURNはAndroid OS化により、それぞれの分野に特化したサービス追加が容易になりました。2023年3月にファーストユーザーが決まり、24年度第1四半期には店舗での展開が予定されており、その後も順調に、顧客開拓が進んでいます」と話す。

大型タッチパネル採用で、スマートフォン感覚での直感的な操作が行える「SATURN1000F2」

Android OS端末のメリットは、サービスプラットフォーム「tance mall(タンスモール)」などを経由してサードベンダーのアプリがスムーズに利用できることだ。端末にアプリをインストールすることによって、決済端末としてだけでなく、集客力の強化や店舗運営の効率化につながる多彩なサービスを追加できる。例えば、ポイントアプリや電子化対応免税アプリ、POSアプリ、モバイルオーダーアプリなど、加盟店のさまざまなニーズに応じたサービスを柔軟に提供できる。

世界的な物価高騰の流れを受け、決済端末や周辺機器の導入コストも高くなる傾向にある。しかし、オールインワンのマルチペイメントに対応している従来の「VEGA3000シリーズ」、本格展開する「SATURN1000F2」ともに、決済手段に合わせて複数のカード読取機を準備する必要がないため、コスト面だけでなく、加盟店の求める省スペース化のニーズにも対応できる。加えて、不正アクセスや決済情報の改ざん防止など、国際的なセキュリティ基準に準拠しており、安全性・堅牢性の面でも店舗ビジネスのニーズに対応している。

スマホ感覚の操作性、
インバウンド対策にも効果的

アイティフォー 決済ビジネス事業部の山下真司氏は、「スマートフォン感覚でより直感的な操作が可能なうえ、アニメーションを用いた操作手順など、より利用者に寄り添ったサポート機能も強化しており、自信を持ってお勧めします。待望のAndroid OS端末の投入で製品ラインアップが増え、強みを発揮できる幅も広がりました」と自信を示す。

4G LTE、Wi-Fi、Bluetooth、背面カメラ、マイクなどの機能を搭載し、5.5インチのフルタッチスクリーンと一体化された非接触ICカードリーダー機能(NFC/FeliCa対応)を持つ。スマートウォッチやスマートフォン、クレジットカードを使った非接触型(コンタクトレス)決済のほか、磁気カード決済、接触IC決済、コード決済、電子マネーなどのマルチ決済に対応する。

店舗オペレーションに関しても、スタッフは複数の端末操作を覚える必要がなく、レシートプリンターが内蔵されているため、決済処理からレシート排出までスムーズに対応できる。また、持ち運びがしやすいサイズなので、場所を選ばずに決済できるのも特徴だ。さらに、対応ブランド各社の還元キャンペーンによる集客効果が期待できる。海外の決済手段にも対応し、外国人観光客の集客にも効果的だ。

決済ビジネス参入7年で端末販売は累計15万台超
SATURNも加わり、iRITSpayの決済端末は今後も進化

アイティフォーは2016年に決済ビジネスに参入し、7年が経過した。この間、クレジットカードやコード決済、電子マネーを含む決済の世界はさまざまな規制や団体が複雑に関係するため、ひと通りのことを理解し、知己を得るのにも当初は多大な苦労があったという。今では、流通や金融の顧客基盤を活かして顧客網を拡大させ、キャッシュレス決済の分野で確固たる地位を築いている。マルチ決済端末「iRITSpay決済ターミナル」は、キャッスル・テクノロジーの「VEGA3000」シリーズを採用し、累計15万台以上の実績を積み上げた。

齋藤氏は「VEGAの時代から、アイティフォーがキャッスル・テクノロジーとタッグを組んで運営してきた信頼と実績が最大の強みです。SATURNも加わり、iRITSpayの決済端末は今後も進化を続け、店舗運営を強力にサポートしてまいります。今後も決済を通じて皆さまの人生のあらゆるステージにおけるサポーターとなり、価値を生み出す存在として、努力していきたいと考えています」と述べている。

■お問合せ先
株式会社アイティフォー
〒102-0082
東京都千代田区一番町21 一番町東急ビル
TEL:03-5275-7907
URL:https://www.itfor.co.jp/rits/iRITSpay.html
お問い合せ:info@itfor.co.jp

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP