なでしこジャパンに報奨金とゴールドカードを贈呈(クレディセゾン)

2011年10月26日0:05

クレディセゾンは、2011年10月25日、FIFA女子ワールドカップドイツ大会で優勝したサッカー日本女子代表「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督と選手全員(21 名)へ、報奨金として一人につき50万円を贈呈するセレモニーを財団法人日本サッカー協会で行った。選手全員と佐々木監督には、通常1万500円の年会費が必要な「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」にも無料で入会してもらうという。

左からクレディセゾン 代表取締役社長 林野宏氏、サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督、財団法人日本サッカー協会会長の小倉純二氏

クレディセゾンは、2001 年11 月から日本サッカー協会とサッカー日本代表チームのサポーティングカンパニー契約を締結し、日本代表チームを応援している。クレディセゾン 代表取締役社長 林野宏氏は、「これまでの私の人生の中で一番興奮しました。この金色のカードをなでしこの皆さんに持ってもらい、口座に50万円を振り込んで自由に使っていただき、世界中のアメックスのラウンジで休んでもらおうと考えました」と今回の報奨金とカード入会プレゼントの経緯を説明する。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、300以上の都市、100以上の国や地域で600カ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」に登録できる。また、同社のポイントプログラムである「永久不滅ポイント」が海外で2倍、国内で1.5倍と、通常のセゾンカードと比べお得に貯まる特典もある。林野氏も「私は29年間、クレディセゾンにいますが、初めて絶対だというカードを作りました」と同カードに自信を見せている。

財団法人日本サッカー協会会長の小倉純二氏は、「私は持てないカード。うらやましい」と笑いを誘った。佐々木監督は、「選手だけではなく、私もギリギリ入れていただきありがとうございました」と満足気な様子。金色のカードを手にし、「ロンドン五輪でも、金メダルを目指して頑張りたい」と意気込みを語った。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP