電子マネーを利用した人がいる世帯は3割を超える(総務省)

2012年8月21日19:10

総務省は、ICT関連の消費や購入頻度が少ない高額商品・サービスなどの消費の実態を安定的に捉えることを目的として「家計消費状況調査」を毎月実施している。今回、二人以上の世帯における電子マネーの利用状況について、2011年の結果から取りまとめた。

その結果、電子マネーを持っている世帯員がいる世帯の割合は、電子マネーの調査を開始した2008年以降、毎年上昇。電子マネーを利用した世帯員がいる世帯の割合も上昇しており、2008年には約2割だったが、2011年には3割を超えている。

また、電子マネーの利用回数が最も多かった場所の割合をみると、2011年は交通機関(定期券としての利用は除く)(16.2%)が最も高く、次いでスーパーマーケット(7.4%)、コンビニエンスストア(5.5%)などとなっている。

電子マネーを利用した1世帯当たり一カ月間の平均利用金額をみると、2008年以降、毎年増加しており、2011年には1万1,116円となった。

電子マネーを1カ月当たり1万円以上利用した世帯の割合をみると、2010年には10%を超え、2011年には12.1%となり、2008年(6.0%)の約2倍となった。

二人以上の世帯について、電子マネーを持っている世帯員がいる世帯の割合を地方別にみると、2011年は関東地方(56.1%)が最も高く、次いで東海地方(30.7%)、近畿地方(30.1%)などとなっている。

2011年の電子マネーを利用した世帯員がいる世帯の割合を地方別にみると、関東地方(49.2%)が最も高く、次いで東海地方(23.8%)、近畿地方(23.2%)などとなっている。利用回数が最も多かった場所の割合をみると、関東地方および近畿地方では交通機関(定期券としての利用は除く)が最も高く、そのほかの地方ではスーパーマーケットが高くなっている。

二人以上の世帯について、電子マネーを持っている世帯員がいる世帯の割合を世帯主の年齢階級別にみると、2011年は40歳代(52.9%)が最も高く、次いで30歳代(51.1%)、30歳未満(46.4%)などとなっている。

二人以上の世帯について、2011年の電子マネーを持っている世帯員がいる世帯の割合を年間収入階級別にみると、1,250~1,500万円未満(61.1%)が最も高く、次いで1,500~2,000万円未満(59.5%)、1,000~1,250万円未満(59.3%)などとなっており、年間収入が800万円以上の世帯では50%を超えている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP