ブラジル大手銀行CAIXAとラテンアメリカ初のカード発行で合意(JCB)

2013年9月10日13:29

ジェーシービー(JCB)の海外業務を行うジェーシービー・インターナショナル(JCBI)は、ラテンアメリカ最大の政府系金融機関Caixa Econômica Federal(ブラジル連邦貯蓄銀行:CAIXA<カイシャ>)とラテンアメリカ初となるブラジルでのJCBカード発行について合意に至り、2013年9月9日、CAIXAの本社所在地である首都ブラジリアでライセンス契約書を締結したと発表した。

JCBとCAIXAは、同契約書に基づき、2014年4月を目処にブラジル在住の一般消費者向けにJCBブランドのクレジットカード発行を開始すべく準備を進める。将来的には、クレジットカードのみならず、JCBブランドのデビットカードやプリペイドカードの発行についても検討し、クレジットカードの発行開始後3年間で、計500万口座以上のJCBカードの発行を目指す。

CAIXAは、ブラジルの連邦政府に所属する同国の代表的な金融機関で、都市開発やインフラ整備、低所得者向けの社会プログラムの実施などに関し重要な役割を担っているという。また、国内の全市町村に支店を持つ同国唯一の銀行であり、全国の支店ネットワークを活かし、カード発行にも積極的に取り組んでいる(クレジットカード発行残高:1,100万枚、デビットカード発行残高:7,600万枚)。

JCBは、1997年にブラジル最大のカード加盟店網を保有する金融機関Cieloと提携し。現在では、クレジットカードが使えるほぼ全店にあたる120万店でJCBカードの利用が可能となっている。また、2012年7月にサンパウロに現地法人JCB International do Brasil Representação Comercial Ltda.を設立し、南米での加盟店網拡充を強化するほか、ブラジルでのJCBカード発行について検討を行っていた。

今回の提携は、国際カードブランドかつカード発行会社でもあるJCBのノウハウを活用し、顧客基盤を一層拡大したいCAIXAと、ブラジル最大のCAIXAのネットワークを活かし、ブラジルでのJCBブランドの確立および会員基盤を築きたいJCBの狙いが合致し、実現したという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP