NTTドコモがモバイルに特化したプリペイドサービスを開始

2013年9月18日8:00

NTTドコモがモバイルに特化したプリペイドサービスを開始
使い捨て、有効期限3年の2種類のカードをVisa加盟店で利用可能

NTTドコモとビザ・ワールドワイド・ジャパンは、2013年9月17日に記者会見を行い、モバイルを利用したプリペイドカードサービス「ドコモ口座 Visaプリペイド」を提供すると発表した。同サービスの利用者は、全世界のVisaマークのあるネットショップで利用可能だ。

ドコモ口座利用者ならば審査や面倒な手続き不要
バーチャルカードはドコモ口座サイトで即時発行

ドコモ口座は、ケータイでお金を送ったり受け取ったり、安心してネットショッピングなどのお支払いができるサービスとなる。ユーザーは、面倒な手続きの必要がなく、ケータイからすぐに口座を開設して利用することが可能だ。また、ドコモ口座に貯まっているお金は4桁のパスワードで簡単に利用ができる。NTTドコモ 常務執行役員 スマートライフビジネス本部長 阿佐美弘恭氏によると、数十万人規模の会員がいるそうだ。

「ドコモ口座 Visaプリペイド」の利用イメージ
「ドコモ口座 Visaプリペイド」の利用イメージ

今回、サービスを開始する「ドコモ口座 Visaプリペイド」は、ドコモ口座利用者であればすぐに利用できるバーチャルなプリペイドカードとなる。利用者は、全国の主要なコンビニエンスストアやインターネットバンキング/銀行ATMからドコモ口座へ入金し、ドコモ口座サイトでドコモ口座Visaプリペイドのカード番号を発行する。インターネット上のVisa加盟店でクレジットカードと同じようにカード番号を入力して決済し、代金はドコモ口座から即時に引き落とされる仕組みとなる。

特長としては、ドコモ口座利用者であれば、クレジットカードのような審査・面倒な手続きなしに利用できる点が挙げられる。また、ドコモ口座の残高分だけ利用できるため、使いすぎの心配もない。さらに、セキュリティの高いワンタイム利用のカードも発行可能なため、海外のサイトでも安心して利用できるという。加えて、余ったお金はケータイ料金の支払いや、銀行口座への払い出しもできるため、無駄なく利用可能だ。

使い捨てタイプの「ワンタイムカード」
登録型サイトに適した「レギュラーカード」

今回はNTTドコモがイシュア(発行者)となり、バーチャルなカードをドコモ口座サイトで即時発行。カードは2種類あり、例えば初めて利用するインターネットショップでは使い捨てタイプの「ワンタイムカード」、Amazonや楽天市場など、登録型のインターネットショップでは有効期間が3年の「レギュラーカード」のカード番号を使うなど、利用シーンに応じて使い分けることができる。

「ドコモ口座 Visaプリペイド」の利用手順
「ドコモ口座 Visaプリペイド」のワンタイムカードのイメージ

料金プランは、使い捨てタイプの「ワンタイムプラン」、長期利用に適した「定額パックプラン」の2つから選択できる。まず「ワンタイムプラン」では、ワンタイムカードを発行。ドコモ口座への入金手数料、月額手数料は無料だが、カード番号発行手数料として1回105円が必要となる。また、有効期限は10日間となっている。一方、定期的に利用する人に対して提供する定額パックプランは、レギュラーカードとワンタイムカードを利用することができ、ドコモ口座への入金手数料とカード番号発行手数料は無料、月額利用料は210円(税込)となる。また、有効期限はレギュラーカードが3年間、ワンタイムカードが10年間となっている。

両サービスともにインターネットショッピングの決済時にクレジットカード会員本人しか知り得ないパスワードを用いて認証を行う「VISA認証サービス(3-Dセキュア)」にも対応している。

左からビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役 岡本和彦氏、NTTドコモ 常務執行役員 スマートライフビジネス本部長 阿佐美弘恭氏
左からビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役 岡本和彦氏、NTTドコモ 常務執行役員 スマートライフビジネス本部長 阿佐美弘恭氏

NTTドコモでは、10月31日まで、ドコモ口座Visaプリペイドを使って買い物をした人を対象に抽選で50人に1人、全額(最大10万円)キャッシュバックする「スタートアップキャンペーン」を展開する。

なお、現状のドコモ口座 Visaプリペイドの利用はVisaネット加盟店のみであり、リアル店舗への展開は検討していないそうだ。また、口座への入金方法も当面はコンビニエンスストア、インターネットバンキング/銀行ATMのみとなり、クレジットカードからの入金などは考えていないという。

Visaでは、後払いの「クレジット」、即時払いの「デビット」に加え、前払いの「プリペイド」を提供している。国内では国際ブランドの決済と言えばクレジットカードが主流だが、2012年の海外の取扱高は57%、決済件数は60%がデビット/プリペイド決済となっている。ビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役 岡本和彦氏は、「他の国ではデビットやプリペイドが広範に発行されている」としたうえで、「国内でもプリペイドは成長すると確信している」と話す。また、Visaは2020年の東京五輪の公式スポンサーだが、「キャッシュレスのオリンピックにしたい」と意気込みを見せた。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

PayBやWeChatPay/Alipay/ PayPay等のスマートフォン決済、ミニプログラム、 越境EC、リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP