2014年10月9日8:46

NFCフォーラムがアジアでの総会を東京で開催

NFCフォーラムは、2014年10月6日~10日、ホテル日航東京(台場)で総会を開催。10月8日には、NFCフォーラムの首脳陣による記者説明会、NFCフォーラムメンバーと日本企業との交流の場となる「Tap into NFC Showcase」が開催された。

「コネクション・ハンド・オーバー 1.3」を発表
HCEに関する声明も3月にリリース

NFCフォーラムは年に3回のミーティングを開催しており、公平をきすために北米、欧州、アジア地域で各1回行っている。日本では2012年6月にも総会を開催したが、今回は約2年ぶりの開催となった。

現在、NFC対応のモバイル端末は300機種程度が製造されていると予想されている。2012年後半から本格的に製造がスタートしたが、累計5億台が出荷されており、1日にすると100万台以上生産されているそうだ。

NFCフォーラム チェアマン 田川晃一氏(ソニー)
NFCフォーラム チェアマン 田川晃一氏(ソニー)

NFCの利用シーンとしては、家電、ヘルスケア、決済、航空・運輸、流通などの分野が挙げられる。特に、「家電のセグメントは非常に立ち上がりが早い」とNFCフォーラム チェアマン 田川晃一氏(ソニー)は話す。ヘルスケアの分野ではコンティニュア・ヘルス・アライアンスと策定した規格が「International Telecommunication Union(ITU)」に正式採用されて、商品の出荷がスタートしているそうだ。航空分野では、IATAと共同作業を行い、ホワイトペーパーの作成、全世界で飛行機のボーディングパスやラウンジのチェックインの実現に向け、取り組んでいる。

決済に関しては、エコシステムにかかわる登場人物が多いため、普及に時間がかかっていたが、「最近になり規格やプレイヤー間の合意が取れてきて、立ち上がり始めている」そうだ。また、これまでNFCをサポートしていなかったAppleがNFCをサポートしたことについては、「唯一対応していなかったAppleがサポートしたことで、NFCは正しいという自信を持つことができました」とNFCフォーラム エグゼクティブディレクター ポーラ・ハンター氏は笑顔を見せる。流通については、ロイヤリティプログラムやスマートポスターなどが普及の兆しを見せているそうだ。

NFCのユースケース
NFCのユースケース

また、Googleは、NFCスマートフォンで利用できる機能「Android4.4(KitKat)」に「Host Card Emulation(HCE)」を採用したが、2014年3月にNFCフォーラムでも声明を発表している。シニア・ヴァイス・プレジデントを務めるNXPセミコンダクターズのアレクサンダー・レンズィク氏は、「NFCフォーラムは通信レイヤーの団体なので、すべてのセキュアサービスが要求するインプリの方法をサポートしています」と説明する。

右からNFCフォーラム シニア・ヴァイス・プレジデント アレクサンダー・レンズィク氏(NXPセミコンダクターズ)、エグゼクティブディレクター ポーラ・ハンター氏
右からNFCフォーラム シニア・ヴァイス・プレジデント アレクサンダー・レンズィク氏(NXPセミコンダクターズ)、エグゼクティブディレクター ポーラ・ハンター氏

NFCフォーラムでは、さまざまな規格策定を実施。NFCでタッチして接続情報をBluetoothやWi-Fiに引き継ぐ「コネクション・ハンド・オーバー」については、バージョン1.3を発表し、直接ペアリングできることに加え、2つのつなぎたいデバイスに対して、NFCをタッチすることで双方への接続を可能にする規格も追加した。また、認定については、9月からRFアナログ仕様が新たに加わった。

NFCフォーラムが策定した規格のアップデート
NFCフォーラムが策定した規格のアップデート

「Nマーク」の利用は年々増加
大日本印刷が最上位の会員資格となる「スポンサー会員」に

最新トピックとしては、デベロッパー向けのプログラムを発表しており、開発者はSNS等を使って最新情報を取得したり、活動をシェアすることができる体制を整えた。これにより、開発者の認知度も高まっているそうだ。

ハンドオーバーについては、「Bluetooth SIG」との共同のホワイトペーパーを作成。また、Wi-Fiの認定プログラム「Wi-Fiサーティファイド・プロテクテッド・セットアップ」にNFCが対応している。

シンボルマークの「Nマーク」に関しては、スマートフォン画面にアイコンで表示させるといった利用も増えており、ライセンスの数は年々増加している。

Nマークのライセンスは年々増加
Nマークのライセンスは年々増加

なお、現在のメンバーは170~180社となっており、直近では大日本印刷が最上位の会員資格となる「スポンサー会員」にステップアップした。

大日本印刷が最上位会員のスポンサーメンバーに
大日本印刷が最上位会員のスポンサーメンバーに

また、数多くの団体とリエゾン契約を結び、NFCフォーラムの仕様を要件として採用するように各産業に働きかけている。例えば、決済分野では「EMVCo」と契約を結んでいるそうだ。

NFCフォーラムがリエゾン契約を結ぶ団体
NFCフォーラムがリエゾン契約を結ぶ団体

総会期間中の10月8日には、NFCフォーラムのメンバーと日本企業のNFC担当者が交流を深める場として、「Tap into NFC Showcase」も開催された。会場では、日経BP社の「Android Application Award 2014」のNFC賞の受賞企業であるブリリアントサービス「Ikesu -Touch Aquarium-」とドリームオンラインの「SmartPassLock NFC」等が紹介された。

日経BP社の「Android Application Award 2014」を受賞したブリリアントサービス「Ikesu -Touch Aquarium-」(写真)とドリームオンラインの「SmartPassLock NFC」も紹介された
日経BP社の「Android Application Award 2014」を受賞したブリリアントサービス「Ikesu -Touch Aquarium-」(写真)とドリームオンラインの「SmartPassLock NFC」も紹介された

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

加盟店でのレジ係トレーニング用のテストクレジットカード発売開始。 ターミナルの設定確認にもご利用いただけます。(FIME JAPAN)
【7/8(水)無料開催】セキュリティ対策Webセミナー「ニューノーマルにおけるサービス・業務の非対面化 ~顧客を守る・会社を守るセキュリティの要点~」(セイコーソリューションズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP