スーパーマーケットや飲食で導入が加速する「ポイント一体型電子マネー」(上)

2015年3月3日6:00

凸版印刷株式会社/富士通エフ・アイ・ピー株式会社
スーパーマーケットや飲食で導入が加速する「ポイント一体型電子マネー」
優れたノウハウ・機能と高いセキュリティで流通企業の導入を支援

昨今、磁気カード方式のプリペイドカードをハウス電子マネーとして活用する動きがスーパーマーケットや飲食店などで広がっているが、凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP)は、「サーバ管理型電子マネーサービス」と、「ValueFront(バリューフロント)ポイントサービス」を組み合わせ、「ポイント一体型電子マネー」を提供している。大量のトランザクションを処理できる信頼性、セキュアなデータセンターで運用される堅牢なサービスとして、全国各地のスーパーや飲食店で採用が進んでいる。流通企業は、会員に対しての積極的な販促アプローチが可能になり、安定したシステム運用が実現するという。

スーパーマーケットと飲食で屈指の運用実績
ハウス電子マネー、ポイント、販促までサポート

凸版印刷と富士通FIPは、業界に先駆け「サーバ管理型電子マネーサービス」を提供しており、サービスの導入からカード製造、プロモーションまでを一気通貫でサポートしている。日本百貨店協会の「百貨店ギフトカード」をはじめ、新たな決済手段としてさまざまな業態で浸透が進んでいる。

『ポイント一体型電子マネー』提供可能ソリューション領域
『ポイント一体型電子マネー』提供可能ソリューション領域

最近は、ポイントカードの機能と、電子マネーの利便性を一枚のカードで実現している「ポイント一体型電子マネー」の採用が加速している。特にスーパーマーケットと飲食での採用、運用実績については、業界をリードしている。すでにドン・キホーテなど数社で安定して運用されており、大型・多店舗の流通企業の実績が多い。スーパーや飲食では、電子マネーとポイントサービスに加え、顧客情報管理や分析などを連携させ提供している事例もある。

凸版印刷と富士通FIPが協力してサービスを展開することにより、導入企業のCRM展開も強力にサポート。凸版印刷は、購買分析やセールスプロモーションといった販促領域で数多くの実績を有している。また、ハウス電子マネーやポイントサービスのプロセッシングシステムは、ISO/IEC27001をはじめ各種国際認証を満たした富士通FIPのデータセンターで運用されている。

決済やポイント業務へのサポート力が強み
システムの接続面でのノウハウも差別化に

会員カードとして実現できるソリューションは川上から川下まで一通り取り揃えており、決済やポイントサービスの業務を熟知したサポート力で、導入後のフォローアップも万全だ。両社では、日本全国に営業拠点を有するため、導入企業との密接な関係を構築できる。ここ数年は、地方の流通企業から「ポイント一体型電子マネー」を導入したいという要望が数多く寄せられており、サービスの裾野は大きく広がっているそうだ。

凸版印刷 トッパンアイデアセンター 日沼雄一氏は、「単純にプリペイドカードのサービスを提供するだけではなく、導入企業との距離感を大切にしており、CRMやマーケティングのサポートについても力を入れています」と口にする。サービスの成功に向けては、店舗におけるスタッフのオペレーションも含め、ハードとソフト、両面での取り組みが重要になると見ている。両社とも決済やポイントサービスに長年携わっており、過去の経験値から、導入企業に沿った最適なサービスを提案できる点が、高い評価を得ている要因となっている。

「導入企業の店員が、よりスムーズな仕組みとしてオペレーションをまわせるのかがポイントです。ハウス電子マネーとポイントサービスを企業のシステムに組み込む場合、複数のシステムとの連携が必要となりますが、富士通FIPは各ベンダとの連携実績もあり、システム間の接続面のサポートまで提供できる優位性があります」(富士通FIP アプリケーションサービス推進部 厚東たゆま氏)

バックエンドのシステムについては、サービス開始当初から、継続して投資を行っている。情報処理能力に優れたシステムであることはもちろん、セキュアで安全性の高いセンターで運営されているため、新規の企業がサービスを採用する決め手となっている。

「残高を取り扱う仕組みを提供する中では、システム稼働率100%を目指しています。お客様が増えれば増えるほど、取り扱うトランザクションが増えますので、その対応としてシステム構成も随時強化しています。凸版印刷も富士通FIPも導入企業の事業を支えていけるだけの会社としての体力もあります」(日沼氏)

⇒⇒後編へ続く

凸版印刷株式会社
toppanlogo1情報コミュニケーション事業本部
トッパンアイデアセンター
〒112-8531
東京都文京区水道1-3-3
URL:http://about.giftcard.ne.jp/
fujitsu富士通エフ・アイ・ピー株式会社
販売推進統括部
アプリケーションサービス推進部
〒135-8686
東京都江東区青海2-4-32
タイム24ビル
TEL 03-5531-5199
URL:http://www.fujitsu.com/jp/fip/

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP