ウェアラブルと決済 時は決済なり ~Time is payments~

2016年11月1日8:30

NCBラボ

社会人なら腕時計は必ずしているもの。
高級時計は憧れの的。
かつてはそのような時代もあった。

現在はどうだろう。
若者をみると腕時計をしていない人が多い。
理由はスマートフォンで時間が確認できるからだ。
「時間をみる」これが本来、腕時計の役割である。
しかし腕時計がウェアラブルに変わることで、その役割が大きく変わりはじめている。

ncb3

■ウェアラブル市場拡大

調査会社のIDCによると2016年のウェアラブルは、前年比29%増1億台、2020年の出荷数は2億台を突破すると予測。
この内90%以上がスマートウォッチとよばれる分野だ。
また調査会社の Tractica(トラクティカ)は、2020年のウェアラブルでの決済は、5,010億ドル(約50兆円)になると予測。
ウェアラブルの拡大とともにウェアラブル決済は躍進する。
今回はウェアラブルのはじまり、基本機能の整理、決済サービスを提供する機器、ウェアラブルが社会にあたえる影響や魅力、について紹介したい。

ncb4

■ウェアラブルのはじまり

ウェアラブルとは身につけるデバイスのことを指している。
例えばメガネや服、腕時計がそうだ。
メガネでいえば話題となったGoogle glass(グーグルグラス)が記憶にあたらしい。
しかし今回は、ウェアラブルの中でも腕時計型で、スマートフォンと連携するデバイスにフォーカスしていく。

時計型ウェアラブルのはじまりはいつなのだろうか。
時計に電子的な機能が搭載されたデバイスが発売されたのは1980年代。
「腕コン」といわれるSEIKOのUC−2000がスタートだと思われる。
無線方式でデータ転送が可能、キーボードと連携し住所や電話番号が入力できる当時では最先端の腕時計であった。
ターゲットはビジネスマン向けではなく、コンピューターに興味のある若年層。

■続きはNCBレポート2016年11月号で
ncb2

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP