アメリカン・エキスプレス、プライベート・ビジネス双方を支えるハイブリッド・ブランドを目指す

2018年5月22日7:00

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.(American Express)は、2018年5月21日に新ブランドキャンペーンに関する記者説明会を開催した。同社では今後、個人・法人の顧客両方を支えるハイブリッド・ブランドを目指すそうだ。

アメリカンエキスプレス・インターナショナル,Inc. 法人事業部門 副社長 須藤靖洋氏(法人事業部門 ジェネラル・マネージャー)

新グローバル・ブランドキャンペーン「そう、人生には、これがいる。」
体験型イベント“#AmexLife”を、5月22日・23日限定で開催

アメリカン・エキスプレスは、5月14日から、新グローバル・ブランドキャンペーン「そう、人生には、これがいる。」を開始。アメリカン・エキスプレスのカードやサービスを、仕事でもプライベートでもハイブリッドに使えることを伝えるため、 「そう、人生には、これがいる。」 「そう、ビジネスには、これがいる。」という2種類のタグラインを開発し、シーンや用途に応じて展開している。

また、新キャンペーンの世界観にあわせて、「ハイブリッド」を五感で楽しむ体験型イベント“#AmexLife”を、5月22日・23日の2日間限定で、東京都港区・表参道のBA-TSU ART GALLERYにおいて開催する。「食」「音楽」「エクササイズ」を通して「ハイブリッド」の魅力を五感で体感できるイベントとなる。

たとえば、同イベントで提供される5種類のHybrid Foodでは、食感、色彩、味覚など、ハイブリッドな仕掛けが用意されているという。

「Hybrid Music」では、旧来のチューンと新しい音楽とのハイブリッドをSPACE SHOWER TV の人気イベント「GOOD VIBES NEIGHBORS」とのコラボレーションで配信する。さらに、「Augmented Climbing Wall」では、最先端のテクノロジーとボルダリングの融合を楽しむことができる。

新たなグローバルビジネス戦略を掲げる
現代人の生活は大きく変化?

そもそもアメリカン・エキスプレスは今から161年前の1850年にニューヨークで急行便の会社としてビジネスを開始。1918年からは旅行業として、トラベラーズチェックを事業の柱として展開している。1958年には、クレジットカード事業を開始。その後、1995年以降は、携帯で買い物ができるモバイルペイメントなどのイノベーションを積極的に提供してきた。

アメリカン・エキスプレスは常に、信頼(TRUST)、サービス(SERVICE)、安心(SECURITY)の3つの柱をベースにビジネスを展開。今後もこれを継承しながら、新たなグローバルビジネス戦略を掲げる。

アメリカン・エキスプレスでは主要8カ国で意識調査を実施。その結果、現代を生きる人々の生活は大きく変化していることが把握できたとした。まずは、世の中のグローバル化が挙げられる。また、プライベートとビジネスがハイブリッド化しており、スマートフォンやSNSの台頭によって、人々の仕事やライフスタイルが多様化している。日本での働き方改革により、仕事をしながら子育てをするスタイルなどが広がってきており、オンとオフの境目がなくなってきているという。

また、意識調査では、積極的に考え、目的意識を持って行動する人々が多いことが分かった。さらに、従来はブランドへのかかわり方が受動的だったが、自ら情報を容易にとることができるようになったことにより、ブランドへのかかわりが能動的なっているとした。

プライベートもビジネスもサポート
世界中で共通のメッセージ

新ブランド戦略の骨子として、アメリカンエキスプレス・インターナショナル,Inc. 法人事業部門 副社長 須藤靖洋氏(法人事業部門 ジェネラル・マネージャー)は、以下の3つを挙げた。
①目的意識を持ち、ハイブリッド・ライフを送る人々へ私たち自身の立ち位置を変える
②広告の域を超えたグローバル・ブランド戦略
③プライベートもビジネスも支えるハイブリッド・ブランドへ

新ブランド戦略では、アメリカン・エキスプレスの新しい立ち位置を表している。従来は、アメリカン・エキスプレスブランドに帰属する会員(メンバーシップ)であり、それを醸成するようなコミュニケーションを展開してきたが、「これからは、“backing(バッキング)”として、オンとオフの境目がなく、自分たちがやりたいことを同時に追求する時代の中で、毎日の生活でプライベートの利用でも、ビジネスの時間でも欠かせない存在に変わっていきたいです」と須藤氏は力を込める。

アメリカン・エキスプレスは世界130カ国でビジネスを提供しているが、どこに会員がいても同じ体験ができるようにする目的として、世界中で共通のメッセージを展開する。まずは、4月9日に米国でキャンペーンがスタート。5月14日からは、日本、メキシコ、オーストラリア、イギリス、カナダと順次、キャンペーンを展開している。

ブランドロゴをリニューアル
法人部門の事業はコンシューマに匹敵するほどに成長

また、すべてのタッチポイントで新しいグローバル・ブランド戦略を体感してもらうため、
ブランドロゴをリニューアルした。今の時代に合わせ、SNSなどでも視認性を高めるため、「AMEX」デザインのロゴも用意した。

新ブランドキャンペーンでは、「アメックスはハイブリッド・ブランドになる」という意気込みが込められている。アメリカン・エキスプレスのカードは、コンシューマブランドの認知が高かったというが、「法人部門の事業はコンシューマに匹敵するほどに成長しています」と須藤氏は説明する。個人事業主、中小企業、フォーチュン500社の大企業など、さまざまな事業者が法人カードを利用しており、「フォーチュン500社のうちの50%がアメリカン・エキスプレスの法人カードを利用している」須藤氏は話す。今後は、個人、法人の両方を側面から支えていく(バッキングする)、企業を目指す方針だ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP