Smart Codeを国内7社、海外1社のコード決済事業者が採用(JCB)

2019年7月11日16:30

ジェーシービー(JCB)は、 一般社団法人キャッシュレス推進協議会が定める統一QRコード・バーコード「JPQR」に準拠したコード決済スキームSmart Codeについて、新たにコード決済事業者7社が採用し、加盟店3社(キリン堂、好日山荘、コナカ)が取り扱い開始について合意したと発表した。

Smart Code採用のコード決済事業者(JCB)

すでに採用を決定しているメルペイに加え、新たにエポスカードの「EPOS Pay」、ネットプロテクションズの「atone」、メルペイの「メルペイ」、ゆうちょ銀行の「ゆうちょPay」、KDDIの「au PAY」、LINE Payの「LINE Pay」、pringの「pring」が追加され、Smart Codeを採用するコード決済事業者は8社となった。

Smart Codeは、コード決済事業者や店舗の負荷軽減、また消費者にとって安全・安心な決済を実現する決済スキームを目指している。JCBがコード決済事業者と店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や、両者間の加盟店契約の一本化を行う。

JCBは、2020年夏を目途に、 JCBグループが発行するカード会員を対象として、Smart Codeへ準拠したコード決済の提供を開始する予定だ。手持ちのスマートフォンの機種やOSに関わらず、コード決済が可能となる。

また、インバウンド決済では、タイの商業銀行Kasikornbank Public Company Limited(カシコン銀行)提供のQRコード決済「K PLUS」利用者が日本国内のSmart Code加盟店でコード決済が可能となる予定だ。今後、アジアを中心とした他の海外コード決済事業者についても、Smart Codeを採用する予定だという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP