【PR】QRコード決済の日本市場への普及を後押し    飛天ジャパンがアクワイアラとの連携加速

2019年10月8日8:00

中国オンラインバンキング認証とセキュリティ分野のトップサプライヤーである中国飛天誠信科技有限公司(Feitian Technologies社、北京/2014年中国深圳证券交易所に上場)の日本総代理店、飛天ジャパン株式会社(東京都中央区)は、新型QRコード決済端末の「QR POS」と「QR POS lite」の販売を担うアクワイアラ(加盟店開拓会社)との連携を強化する。

2020年までの1年間に10万台と高い販売目標を掲げる

2019~2020年にかけて、日本では国際的なスポーツイベントが繰り広げられ、海外からもスポーツ観戦やビジネスで訪れる外国人が増える。とりわけ、インバウンド(訪日外国人観光客)も増え、観光やショッピングのシーンも日本各地で増加することが見込まれている。

飛天ジャパン株式会社 開発部マネージャーの李楊(り・よう)氏は「インバウンドで最も多いのは、中国からの観光客でしょう。中国ではQRコード決済が普及しているので、日本に訪れた中国人観光客がQRコード決済を活用するシーンは増えるはずです」と話す。

同社は、新型QRコード決済端末「QR POS」と「QR POS lite」の販売台数を、初年度で大きくかさ上げできるチャンスであると考えている。李楊氏は「QR POSとQR POS liteの二機種で2020年夏までの1年間で10万台は販売したいと考えています」と強気の販売計画を見込む。

アクワイアラとの連携と開拓を強化

飛天ジャパンが「QR POS」と「QR POS lite」の二機種のリリースを発表して以降、店側からの問い合わせも多数寄せられているという。しかし、同社はアクワイアラを通じての販売体制を敷いているので、基本的に店側への直販はしない。販売台数を積み上げるには、アクワイアラとの連携が重要になる。

現在、飛天ジャパンの主要な代理店業務を担っているのが、日本恒生ソフトウェアだ。上海証券取引所上場企業「恒生電子股份有限公司」の出資により設立された日本戦略企業で、中国トップの金融ソリューション実績を活用し、日本企業にも金融サービスやソリューションを提供している。

日本恒生ソフトウェアは、中国のオンライン決済市場で圧倒的なシェアを誇る世界有数のオンライン決済サービス「Alipay(支付宝:アリペイ)」関連のサービス提供を得意としている。飛天ジャパンは2020年へ向けた販売強化のパートナーとして、日本恒生に大きな期待を寄せている。

そのうえで、李楊氏は「日本恒生ソフトウェアとの連携強化は欠かせませんが、それだけでなく、日本国内の市場に精通したアクワイアラとも、新たに連携していきたいと考えています。現在、他社のモバイル決済端末を扱っているアクワイアラも含めて、当社の新型QRコード決済端末QR POSとQR POS liteの魅力を説明させていただきたいです」と話す。

中小店舗やスタートアップに最適なQRコード決済

日本国内ではQRコード決済だけでなく、交通系電子マネーやクレジットカードなどさまざまな種類のキャッシュレス決済が普及し始めている。中国市場でのQRコード決済の普及を目の当たりにしてきた李楊氏は「日本でQRコード決済の導入が始まって、まだ1年ほどしか経過していません。普及が本格化するのはこれからだと考えています」との見通しを示す。

アジアを中心とした海外からの外国人観光客は、東京都心だけでなく、地方都市を訪れるケースが増えている。2020年をきっかけに、その動きは一段と加速することが予想されている。地方の商店街や飲食店などの中小小売業者にとっても、インバウンド需要を取り込む大きなチャンスだ。

新型QRコード決済端末「QR POS」と「QR POS lite」は、そんな地方の中小店舗が新たにQRコード決済を導入するために開発された端末だ。李楊氏は「この端末が、多くの小売店舗や飲食店のキャッシュレス導入の第一歩としての役割を果たせると嬉しいです」と話す。

QR POS                                                                      QR POS lite

また、個人事業やスタートアップの起業を目指す人たちにとって、大きな初期投資やランニングコストを気にせずに、QRコード決済を導入できるメリットがある。李楊氏は「最近、シェアエコノミーが増えていています。例えば、シェアサイクルのサービスを提供する時に、電子マネーのリーダーを自転車に取り付けると、自転車本体よりも大きなコストを負担しなければならないケースもあります。QRコード決済は、高価な決済端末を使わなくても、紙一枚でできます。シェアビジネスはもちろん、そのほかのさまざまな種類の新しいビジネスモデルを実現するためにも有効な決済手段です」と話し、QRコード決済の拡大を予想している。

■お問い合わせ先
飛天ジャパン株式会社
〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町9-3
CANAL TOWER 4F / 7F
TEL:03-3668-6668
E-mail:sales@ftsafe.co.jp
URL:https://ftsafe.co.jp/products/qr_pos/

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP