アグレックスが保険会社向けにPCI DSSに準拠し、非保持化に対応したプラットフォームを構築

2019年10月4日8:15

トークン化により保険会社はダイレクトマーケティングの安全な運用が可能に

TIS インテックグループのアグレックスは、保険会社のダイレクトマーケティングにおけるクレジットカード情報の非保持化を実現する「非保持化BPO プラットフォーム for 保険ダイレクトマーケティング」を提供している。同社では、PCI DSS に準拠した共通運用センターと、クレジットカード番号を別番号に置き換え(トークン化)管理する共通システムをPCI DSS 対応のクラウド基盤上に構築した。

 

アグレックス ビジネスファンクションサービス事業本部 プロセシング事業部 プロセシング第2 部 上級主任 本間真志氏、BFS 戦略企画部 シニアエキスパート 高林伸吉氏、上級主任 渡部勝之氏

保険会社からの要望を受けてシステム構築
クレジットカード番号は無価値なトークンに変換

アグレックスは、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)、SS(ソフトウェアソリューション)、 SI(システムインテグレーション)を柱にビジネスを提供している。同社では、保険会社や通信会社などからの依頼を受け、クレジットカード情報のデータ入力、クレジットカード情報からの有効性データの確認、売り上げデータ作成などの業務を実施。2018 年6月に施行された改正割賦販売法、また、クレジットカード加盟店に対するセキュリティ対策の具体的な指針として「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」が、経済産業省より発表された。アグレックスにも保険会社からカード情報の非保持化を実現するためのソリューションを提供する要望があり、PCI DSS 準拠の検討を開始し、新システム構築に至った。

アグレックス ビジネスファンクションサービス事業本部 BFS戦略企画部 シニアエキスパート 高林伸吉氏は、「保険会社として、既存のビジネスのスキームを崩さないようにしたいという要望があり、どうサービスを提供すればそれが実現できるかの検討を始め、お客様とディスカッションを重ねて、スキームづくりをするところから始まりました」と説明する。

2018 年7 月に提供開始した「非保持化BPO プラットフォームfor 保険ダイレクトマーケティング」は、 新たに構築した「非保持化BPO プラットフォーム」と、 アグレックスが従来から提供しているクレジットカード会員情報を活用し、ダイレクトメールを使って保険加入募集を行うダイレクトマーケティングにおける一連のBPO 業務を組み合わせて提供するものとなる。これにより、カード情報の非保持化、PCI DSS への準拠に対応しながら保険商品のダイレクトマーケティングを実現可能だ。

「保険会社のデータベースをわれわれがすべてトークンに変換して、その情報で売り上げデータや有効性データをいただき、生番号に戻してカード会社やCDS/JTANS といったネットサービスにデータを送る流れとなっています」(高林氏)

クレジットカード番号は無価値なトークンに置き換えられるため、保険会社は非保持化に対応でき、安全にデータを管理できる。「業務システムはトークンで運用しますが、連携するときにPCI DSS 認証したシステムと、BPO センターを経由して、カード会社やCDS/JTANS に送る流れとなります」(高林氏)。これにより、保険会社は、社内でPCI DSS に準拠したシステム開発・運用を行うことなく、非保持化を実現できる。仮に保険会社が照会する際は、トークンを利用する形だ。

クラウド基盤にアプリケーションを構築
代替コントロールは複数箇所で適用へ

PCI DSS 準拠に向け、社内の意識が固まったのは2017 年8 月で、保険会社との打ち合わせは同年10 月から開始している。要件定義は2018 年10 月からスタート。PCI DSS 準拠に向けては、コンサルティングサービスを展開するTIS の協力を得ている。トークンを管理する共通システムは、カード番号をトークン化したり、必要に応じてトークンをカード番号に戻す「デトークン」の仕組みとなるが、TIS のPCI DSS に準拠したPAYCIERGE クラウド基盤サービス「ROUNDAHEAD(ラウンドアヘッド)」を採用しており、その上に同社のアプリケーションを載せている。

さらに、 PCI DSS に準拠した共通運用センターは一から構築。同センターは2017 年10 月に構築を開始し、2018 年7 月末にファーストユーザーがローンチしている。

更新審査は共通システムと共通運用センターで一括認証を取得
保険会社以外のサービス提供も視野に

※書籍「PCI DSS・カードセキュリティ・実行計画対策ガイド」より

※掲載当初、キャプションのお名前に誤りがございました。お詫びして修正いたします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP