世界最大級のフィンテックイベント「Singapore FinTech Festival2019」開催 注目のQR決済が登場、日本企業の展示も

2019年11月18日8:00

世界最大級のFinTech(フィンテック)イベントである「Singapore FinTech Festival2019」(主催:MAS (Monetary Authority of Singapore) / SingEx)が2019年11月11日~15日(展示は11~13日)まで、シンガポールのSingapore EXPO Convention Centreで開催された。同イベントでは、展示、カンファレンス、デモデー、FinTech Award、投資家サミットなどが行われた。ここでは、決済関連を中心に展示の模様を紹介する。

シンガポールの大手キャリアであるシンガポール・テレコミュニケーションズ(Singtel)は、「Singtel Dash」をはじめ、タイの「AIS GLOBAL Pay」など、さまざまなモバイルウォレットサービスのアライアンスとなる「VIA(ヴィア)」の決済デモを実施した。日本では羽田空港で利用可能だ。

 

シンガポールのDBS銀行は、提供するモバイル決済サービス「DBS PayLah」、中小企業 (SME)が顧客やベンダーから即座に資金を受け取ることができるQR決済ソリューション「DBX MAX」を紹介した。

シンガポールのFinTech協会であるSIGAPORE FINTECH ASSOSIATIONのブースでは、「dcubepay」が紹介された。QR決済を使った支払いが可能で、デジタル化により自販機のマーケティングデータを活用できるという。1つのQRコードで複数の支払いに対応している。

OCBC銀行のブースでは、さまざまなポイントプログラムをシームレスに管理できるマルチパートナーロイヤルティプログラムである「STACK」を紹介。複数のポイントプログラムを集約して管理可能だ。

シンガポール銀行協会(The Association of Banks in Singapore:ABS)のブースでは、携帯電話を活用したPeer to Peerの送金サービス「PayNow」を紹介した。

マレーシアのGrabは、スマートフォン決済サービス「Grab Pay」、ファイナンスサービスの「GrabFinance」、保険サービスの「Grab Insure」といった、各種サービスを紹介した。

Liquid Groupは、シンガポールやタイで国境を越えたQR決済を可能とするプラットフォームを提供している。すでにシンガポール・チャンギ空港では、GrabPay、Liquid Pay、Singtel Dash、PayNowなどの支払いが可能だ。

日本企業の展示も目立った。日本のSMBCグループは同イベントに初出展。インドネシアのバンク タブンガン ペンシウナン ナショナル(BTPN)の取り組みに加え、三井住友カードと主に東南アジアにおける決済ソリューション事業での協業など、ASEAN地域の取り組みについて紹介した。

日立製作所のブースでは、「SMART PAYMENT」として、指静脈認証を活用したキャッシュレス決済をPRした。

日本電気(NEC)は、顔認証機能とQRコードを活用したなりすまし防止ソリューションのデモを実施した。

ジェトロ大阪本部と大阪府は、Singapore FinTech Festivalと同時開催した先端イノベーション技術のイベント「SWITCH」に共同出展した。ブースには、大阪を中心としたスタートアップ・中小企業が出展した。

Mastercardのブースでは、自動販売機の完全なターンキーソリューションを提供するquresysの顔認証システムのデモを実施した。顔認証を体験したユーザーにはビールがふるまわれた。

ビザ・ワールドワイドは、「SPORTS STORE」をイメージしたブースを出展。日本の東京・「お台場ヴィーナスフォート」で実施したVRでBMXのさまざまな技とVisaのタッチ決済を体験してもらうコンテンツを来場者に体験してもらった。また、同ブースではTOKYO2020のキャラクター等も展示されていた。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP