2020年1月16日8:00

三井住友カードは、2020年1月15日に記者説明会を開催し、①次世代デザインのプロパーカード発行、②さまざまなマネーサービスを集約できるWalletサービスの展開、③クレジットカードと連携して家族で利用できるプリペイドカード「かぞくのおさいふ」の提供、という3つのキャッシュレス戦略を発表した。

カード利用者や加盟店起点でサービスを開発

記者説明会では、まず三井住友カード 代表取締役社長 大西幸彦氏が登壇。三井住友カードのキャッシュレス決済戦略は、利用者や加盟店(事業者)といったお客様起点で展開していると話した。そのために、三井住友カードでは、さまざまな決済手段がある中でストレスなく使ってもらえる環境の整備に力を入れている。たとえば、事業者向けソリューションとして、ビザ・ワールドワイド(Visa)およびGMOペイメントゲートウェイと連携して次世代決済プラットフォーム「Stera(ステラ)」を2019年10月2日に発表した。また、10月18日にはデータ分析支援サービス「Custella(カステラ)」をリリースしている。大西氏は、「今後も利用者のニーズにお応えした新しいサービスを出していきたい」と意気込みを見せた。

三井住友カード 代表取締役社長 大西幸彦氏

次世代カードデザインでは「Visaクイックリード」を国内初採用

続いて登壇した三井住友カード 執行役員 マーケティング統括部長 佐々木丈也氏は3つの新キャッシュレスサービスの概要を紹介した。まずは、デザイン性とセキュリティの向上を意識した次世代カードデザインのリリースだ。これまで三井住友カードのカードフェースはパルテノン神殿のデザインが親しまれてきたが、2020年2月3日から、三井住友カードが発行するすべてのクレジットカード(提携カード除く)を30年ぶりにフルモデルチェンジする。

三井住友カード 執行役員 マーケティング統括部長 佐々木丈也氏

 

従来、カードフェースの表面に印字されているカード番号や有効期限は、裏面に記載。「Visaクイックリード」と呼ばれる4桁を4列に表示させる配列を国内で初めて採用している(Mastercard、および裏面の写真入り券面は異なる)。すでに海外では大手金融機関である米国のChase(チェイス)、Bank of America(バンク・オブ・アメリカ)、シンガポールのUOBなどで採用が始まっている。

カード裏面にカード情報を集約

クレジットカードはスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでの日常利用が増えているが、カード番号を裏面に印字することで、その心配もなくなるとした。なお、新カードのデザインは、Visaのシンガポールのデザインチームと共同で開発。“輝かしい未来を明るく照らす”コンセプトとなるそうだ。

カードの発行コストは現行のカードよりも現時点では若干高くなるが、量産化により将来的には下がると見込む

 

「Visaのタッチ決済」を標準搭載、「iD」もサポートへ

新カードには、ISO14443 Type A/B の通信規格に準拠したVisa ブランドの新しい決済手段「Visaのタッチ決済」を標準搭載。すでに三井住友カードではVisaのタッチ決済の搭載を開始しているが、オリンピック・パラリンピック等を契機にさらなる利用者の拡大、加盟店の拡大に取り組んでいきたいとしている。海外ではロンドンやシンガポールの地下鉄などでもVisaのタッチ決済が利用できるため、日本からの渡航者も海外で便利に利用できるとした。なお、Visaのタッチ決済に加え、FeliCaを活用した「iD」も継続してサポートしていく。

フルモデルチェンジした次世代カード。「Visaのタッチ決済」や「iD」をサポート

新カードは2月3日からの新規発行、および既存カードの利用者の場合、同日以降、カード有効期限更新時やカード再製時に、新カードに切り替える。プラチナ・ゴールド・プライムゴールド・一般カードの既存の利用者には、2020年1月30日 17時までデザイン変更予約を受け付けている。

さらに、2020年3月より、インターネット経由でカードを申し込むと、最短5分でカード番号を発行する取り組みも開始する。これにより、発行した番号ですぐにインターネットショッピングが利用できるほか、「Apple Pay」や「Google Pay」といったモバイル決済サービスに登録することで、実店舗での買い物も可能となる。

利用者が拡大する「三井住友カードアプリ」は新機能搭載で大幅アップデート

2つめは、2020年3月に「三井住友カードアプリ」の大幅なアップデートを行う。三井住友カードでは、アプリの推進に力を入れており、2019年に累計340万ダウンロードを突破。そのデザイン性が評価され、「Good Design Award 2019」を受賞している。特に2019年の伸びは著しく、この1年で100万ダウンロードを達成している。また、アプリの利用者が2日に1回以上利用する割合は通常会員の1.9倍あるそうだ。

2019年はアプリ利用者が急拡大した1年だった

アップデート後は、三井住友カード発行のカードはもちろん、他社発行カード、電子マネー、ポイントカード、Visaプリペイド、銀行口座などの情報が一目で確認可能となる。複数のアプリを立ち上げることなく、同アプリ1つで、利用者自身のカードを一元管理できる。また、カードを使うたびにリアルタイムでプッシュ通知する仕組みを搭載。さらに、利用者自身で利用停止の設定が可能だ。

「三井住友カードアプリ」

そのほか、利用者が任意に設定した利用上限金額を超えるとプッシュ通知で知らせたり、カード引き落とし額と銀行口座の残高を比較して残高が不足しているとアラートを表示するといった仕組みも搭載している。

家計管理では月別の収支も閲覧可能

クレジットカードと Visa プリペイドカード連携の「かぞくのおさいふ」

3つめは、クレジットカードと Visa プリペイドカードを連携させた決済サービス「かぞくのおさいふ」の提供だ。これは、家族で共有している家計を「かぞくのおさいふ」1つに集約したもの。家計の管理者は予め、毎月の家族の利用予定額をクレジットカードで「かぞくのおさいふ」に入金(チャージ)し、その中から小遣いや仕送りとして家族の個々のVisaプリペイドカードに入金することができる。1回チャージ上限額は30万円まで、月の累計100万円まで可能だ。

 

家族は入金された範囲で Visa のプリペイドカードを利用できる。家計の管理者は、利用通知メールやアプリを通じて家族のお金の流れを把握可能だ。これにより、例えば、夫婦が家計として共有するお金の現金管理を減らすことができる。

クレジットカードとVisaプリペイドカードにより、家族で共有している家計を「かぞくのおさいふ」1つに集約できる

「かぞくのおさいふ」では、毎月決まった金額を入金したり、残高が下回った際に金額が入金される「オートチャージ」機能にも対応する。また、残高や利用明細の確認をアプリで行ったり、家族間で残高を送りあえる機能にも対応していく。

なお、三井住友カードでは、新カードの発行にあわせて、順次キャンペーンを実施する予定だ。

  キャンペーン内容 概要
1 年会費無料キャンペーン 新たに住友カードに入会した人は、通常1,250円の年会費が永年無料となるキャンペーンを実施<2020年2月3日開始予定>
2 20%還元キャンペーン 住友カードに新規入会のうえ、アプリにログインすると、 もれなくご利用額の20%を還元(最大12,000円)<2020年2月3日開始予定>
3 「タダチャン!」キャンペーン 住友カードに新規入会のうえ、アプリにログインすると、 抽選で1/50の確率で利用代金がタダになるキャンペーン<2020年2月3日開始予定>
4 Visaのタッチ決済体験キャンペーン(第一弾) Visaのタッチ決済機能付きカードへの切り替え手数料を無料化のうえ、Visaのタッチ決済を利用すると、もれなく最大1,000円プレゼント<2020年3月開始予定>※第二弾キャンペーンも別途予定

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

指紋認証付クレジットカードやログイン時の本人確認など生体認証技術を使用するコンポーネントの機能、パフォーマンス、セキュリティー試験をお引き受けします。(FIME JAPAN)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP