デジタルバンキングサービスの送金と決済のデジタル化による決済サービスのイノベーション

2020年2月13日8:50

レポート「世界の決済イノベーション市場要覧」の第6章では、「ネオバンクとチャレンジャーバンク、そしてオープンバンキングとBaaS (Bank as a Service)」について紹介している。

オープンAPIによるオープンバンキングへの期待

近年における決済サービスのイノベーションには、金融とテクノロジーとの融合である“FinTech”によるオープンバンキングによって生まれたネオバンク(Neo Bank)やチャレンジャーバンク(Challenger Bank)のBaaS(Bank as a Service)のデジタルバンキングサービスにおける決済サービスが大きな影響を及ぼしている。オープンバンキングとはAPI(Application Programming Interface)を活用して第三者が提供する外部のサービスをオープンに活用するバンキングの総称で、重要なデータをこれまでのように外部から隔離しておくのではなく、外部との共有を図ることで、新たな価値の創造が図れるというという考えに基づいて、ヨーロッパのPSD2(第2次決済サービス指令)などの新しい規制の中で、銀行などの金融機関がオープンAPI(Application Programming Interface)のテクノロジーを通じ、これまで以上に多くの顧客情報を共有することが求められている。インフラストラクチャを利用できるようにするオープンAPIは、標準化されたインターフェースを通じて、様々な情報源からの新しい競争を生み出す。特に、オープンAPIによるオープンバンキングは、既存の銀行などの金融機関と新興のFinTech企業の双方に新たな好機と劇的な変化をもたらすと期待されている。

画像はイメージ

EU(欧州連合)では、2015年11月に従来のPSD(Payment Services Directive、決済サービス指令)が改訂され、銀行など金融機関に対しオープンAPIの提供を義務付けるPSD2(第2次決済サービス指令)が成立し、2018年1月より発効されている。PSD2では新たに「PISP、Payment Initiation Service Provider」(決済指示伝達サービス提供者)、「AISP、Account Information Service Provider」(口座情報サービス提供者)、「ASPSP、Account Servicing Payment Service Provider」(口座保有型決済サービス提供者)の3つのサービスプロバイダーが定義され、こうしたサービスプロバイダーの対象業務は、ペイメントサービスの他、モバイル財布、口座振替、電子請求・支払い、Eコマースのマーケットプレイス、口座アクセスサービス、カスタマー・ロイヤリティ・プログラムなど多岐にわたっている。

オープンAPIの実装によるオープンバンキングの取り組み

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

PayBやWeChatPay/Alipay/ PayPay等のスマートフォン決済、ミニプログラム、 越境EC、リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP