日本でも広がる「モバイルPOSペイメントサービス」とは?

2020年2月21日8:40

レポート「世界の決済イノベーション市場要覧」の第7章では、「モバイルPOS(mPOS)ペイメントサービス」について主要なプレイヤーの動向などを取り上げている。 

モバイルPOSペイメントサービスが始まったのは、スマートフォンの初代iPhoneが登場した2007年から数年を経た2010年4月で、アメリカのSquareがスマートフォンに無料のアプリをインストールし、ミュージックジャックに磁気カードリーダーを装着し、スマートフォンをPOSペイメント端末に変えたのが最初である。翌2011年5月にはスウェーデンのiZettleが同様のモバイルPOSペイメントサービスを始めた。2012年に入ると、電子財布で代替オンラインペイメントサービスのPayPalが、“PayPal Here”というモバイルPOSペイメントサービスを2012年5月から始めた他、多くのプロバイダーがモバイルPOSペイメントサービスに参入した。日本でも2013年頃からSquareやPayPal Hereが進出し、モバイルPOSペイメントサービスが導入されるようになった。

今日、キャッシュレス化の進展により、「クレジット」、「デビット」、「プリペイド」の多様な決済方法が普及し、モバイルPOSペイメントサービスを含む、POSペイメント端末機によるPOSペイメントサービスの役割がますます重要になっている。POSシステムは、単に販売を処理し、ペイメント(決済)を受け取るものだけのツールにとどまらず、売上データを分析し、在庫を管理・追跡し、顧客との関係を維持し、従業員の管理をサポートするツールに拡張させることが可能である。POSシステムは、顧客が購入しようとしている商品やサービスを記録し、コストを加算し、税金を計算し、各種ペイメント(決済)を受け、レシート(領収書)を発行することができる。また、POSシステムは、全ての販売と決済の取引を記録するので、万引きや窃盗などを防ぐうえでも重要な役割を果たすほか、管理者による返品やキャンセルを管理する機能を選択することができ、従業員の不正防止にも役立つ。

こうしたPOSシステムは、「ソフトウェア」、「ハードウェア」、「ペイメントプロセッサー」という3つで構成されている。POSペイメントサービスは、販売時点情報管理のPOS(Point of Sales)の拡張バージョンとして導入され、バーコードが付された商品をレジで読み込み、販売管理や在庫管理などのPOSシステムに加え、当初は磁気カードであったクレジットカードやデビットカードのデータをPOSレジにつないだPOSカード決済端末機で読み込み、オーソリゼーションやカード売上処理などのペイメントプロセッシングを行えるようにしていった。POSシステムの「ソフトウェア」においても、多くのPOSベンダーはクラウドベースのSaaS(Software as a Service)を導入している。クラウドベースのSaaS(Software as a Service)のPOSシステムでは、定期的なアップデートによる最新版のソフトウェアを得ることができる。

今日では、ペイメント(決済)を受けるツールとしてのPOSカード決済端末機は、従来のクレジットカードやデビットカードに加え、プリペイドカード、電子マネー、カスタマー・ロイヤリティ・プログラムのロイヤリティカードなどのプロセッシングを行えるようになり、また従来の磁気カードやバーコード付きカードのみならず、コンタクトICカードやコンタクトレスICカード、スマートフォンのNFC(Near Field Communication)やQRコードなどにも対応できるようになっている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP