高速バス予約サイト「VIPライナー」で利用可能に(Paidy)

2020年4月2日8:30

決済サービス「Paidy」を提供するPaidyは、平成エンタープライズが提供する高速バス予約サイト「VIPライナー」と、同社サービスが2020年4月1日に連携したと発表した。

平成29年の国土交通省資料によると、高速乗合バスの輸送人員は1億900万人に昇り、    国内航空旅客機の利用者9,200万人を超えている。このように、国内の輸送機関としての高速バスの重要度は高まってきているという。また近年では、外国人利用者の増加など利用者層も多様化し、それに伴い、高速バスの情報を集約したプラットフォームが整い、利便性の面から予約方法も電話からウェブサイト中心に変遷している。予約サイトでの決済方法も多様化し、クレジットカード決済、コンビニ支払い、乗車当日の現金払いなど、利用者の選択肢は充実している。しかしながら、新しく参入した高速バス事業者においては若年層の利用者も多く、クレジットカードを保有していない利用者もいるという。くわえて、当日支払いやコンビニ決済では、予約変更の際に返金や差額処理の対応などでさまざまなデメリットが生じ、既存の決済方法の課題が顕在化している。

「Paidy」は、当月分の買い物を翌月に一括して支払うことができる「翌月払い」の決済サービスとなる。事前登録、クレジットカードがなくとも、メールアドレスと携帯番号だけで支払いができる。これにより、「VIPライナー」において、クレジットカードを保有しない若年層の利用促進を期待するとともに、ウェブ上でのクレジットカード情報の入力に抵抗がある人の送客も見込んでいる。さらに、同社サービスでは返金処理をオンライン上で行えるため、予約変更による決済金額の変更等もできる。なお、今回の連携は、高速バス予約サイトにおける初めての後払い決済導入となる。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP