セブン銀行のAIチャットボット/RPA連携による住所変更手続き無人化実験に参画(モビルス)

2020年8月31日17:08

モビルスは、セブン銀行が行うAIチャットボットとRPA連携による住所変更手続き無人化の実証実験に参画したと発表した。

同実証実験は、8月17日~9月下旬まで実施予定。セブン銀行のWebサイト上に設置しているモビルスのチャットシステム「mobiAgent」と、UiPathの自社クラウドサービスで提供するRPA(Robotic Process Automation)プラットフォーム「UiPath Automation Cloud」の管理機能「クラウド版Orchestrator」を連携し、オペレーターを介さずすべてチャット上で本人確認から住所変更手続きまで完了できるようにするものだ。

オペレーターを介さずチャット上で24時間住所変更手続きが完了(モビルス)

従来の主な住所変更手続き方法は、テレホンセンターでのオペレーターによる対応と、ダイレクトバンキングのマイページでのオンライン手続きだった。テレホンセンターでの対応は、オペレーターによる本人確認と住所変更登録作業を行うため、対応時間はオペレーターで対応している時間帯に制限されていたという。

今回、チャットボットとRPAとの連携により、登録業務が自動化され、テレホンセンターのオペレーター対応時間外であっても24時間住所変更手続きが行える。オペレーターによる本人確認も自動化しているため、顧客は好きなタイミングで気軽に住所変更ができるようになり、利便性が向上する。また、オペレーターの業務効率化を図ることができるそうだ。

今回の実証実験では、操作のしやすさや処理時間、セキュリティ面等を検証し、その後の本導入を目指す。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP