Zホールディングス傘下の金融ブランドをPayPayに統一 ジャパンネット銀行は2021年4月5日「PayPay銀行」に

2020年9月17日8:00

Zフィナンシャルやヤフーを擁するZホールディングスは、2020年7月31日の決算発表会で、傘下にある金融6社の社名とサービスブランドを“PayPay”に統一することを発表した。これにともない、ジャパンネット銀行は、2021年4月5日に“PayPay銀行”に商号変更することを9月15日に発表。同行は同日、オンラインで、「PayPayブランド統一による金融戦略説明会」を開催。ジャパンネット銀行 代表取締役社長 田鎖智人氏と、Zフィナンシャル 執行役員経営企画部長 小笠原真吾氏が登壇し、ブランド統一の狙いと、その先にある“シナリオ金融構想”について説明した。

3,000万人のPayPayユーザーが身近に感じ
スマホネイティブ層にも支持される銀行へと脱皮を図る

ジャパンネット銀行は2000年10月、日本初のネット専業銀行として誕生した。2008年のiPhone発売以降は、PCに加えてスマホベースのサービス開発・提供にも注力。2018年11月からはPayPayとの決済提携を開始し、サービス開発にもともに取り組み、実績を上げてきた。

ジャパンネット銀行 代表取締役社長 田鎖智人氏

例えばUIUXを追求し続けてきた結果として、口座登録のドロップ率を最も低く抑えることに成功。個人ローンの借り入れは最短30秒で可能にしている。お得感の提供としては、個人ユーザー向けにはPayPay残高のジャパンネット銀行口座への出金手数料を無料とし、ローン初回借入は30日間無利息に設定。PayPay加盟店向けには、PayPay売上金をジャパンネット銀行受取で入金手数料を永年無料とし、翌日入金を可能にしている。

PayPayとの提携の効果は、口座獲得数にも顕著に表れている。提携開始後、個人・法人ともに獲得口座数は大きく増加しているが、特に法人口座では、2019年度に獲得した口座の約半数がPayPay加盟店。これら加盟店での精算が増え、決済件数も大きく伸びている。

社名をPayPay銀行に変更することで、マーケティング効率はさらに向上すると同行は見ている。ジャパンネット銀行とPayPayがグループ企業だと認識されていないケースもあり、「PayPayユーザーにとって、ジャパンネット銀行のサービスは“自分ごと”になっていない」(ジャパンネット銀行 代表取締役社長 田鎖智人氏)。例えばPayPayアプリから「お金を借りる」をクリックすると、現在はジャパンネット銀行のブランド名が表示されるが、これに違和感を感じて離脱するユーザーが少なくないという。ブランドを統一することで、PayPayユーザーに同行のサービスをより身近に感じてもらって、新規口座開設や稼働率の向上、利用サービスの拡大につなげたい考えだ。

PayPayアプリは決済のみならず、生活の多様なシーンで多様な機能を発揮する“スーパーアプリ”を標榜している。その中の金融サービスの部分で主要な役割を担いながら、「最も優れたUIUXを提供できる銀行として、PayPayとともに成長していきたい」と田鎖氏は抱負を語る。まず個人向けローンから始め、加盟店向けのビジネスローンを提供する体制も整えていくという。

2008年以降に生まれた“スマホネイティブ層”の経済活動が、間もなく本格始動する。田鎖氏は、「スマホベースで多くのユーザーに使われているPayPayの名前を掲げることで、スマホネイティブ層にも支持される銀行へと脱皮いたします」と宣言。ジャパンネット銀行は創業21年目となる2021年4月5日、PayPay銀行として生まれ変わる。

シーンごとに最適なサービスを提供する“シナリオ金融構想”
金融をグループの第三の収益の柱に

Zフィナンシャル 執行役員経営企画部長 小笠原真吾氏

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP