金融機関のオンライン取引を保護する「SafeNet eToken 3500」を発表(日本セーフネット)

2012年2月9日12:22

日本セーフネットは、2012年2月9日、新しいID保護およびトランザクション保護ソリューション「SafeNet eToken 3500」を提供すると発表した。SafeNet eToken 3500は、オンラインバンキングやオンライントレードの取引におけるさまざまなレベルのリスクに対処する革新的な電子署名かつ強固な認証トークンデバイスである。金融サービス機関はオンラインバンキングアプリケーションの安全確保において、リスク軽減とコスト効果、ユーザビリティのバランスをうまく取ることが可能となる。

SafeNet eToken 3500は、金融取引データをWebブラウザから読み込む際に光学センサーを利用して独自の電子署名を生成する。同電子署名で各トランザクションが認証されるため、取引中にハッカーが正規のユーザーになりすまして送金先を変更するMan-in-the-Browser (マンインザブラウザ攻撃:MitB)などの脅威を減少させることができる。また、デバイスの光学機能が取引データを自動的にスキャンするため、手動での入力は必要なく、エラーを削減しつつユーザーの電子署名プロセスを簡素化するという。

安全な電子取引署名とワンタイムパスワード(OTP)の強固な認証を組み合わせることで、SafeNet eToken 3500は取引改ざんのリスクや、パスワードを忘れた・盗まれた・ハッキングされたといったリスクを排除でき、なりすまし犯罪のリスクを軽減することが可能だ。また、プライバシーやデータ保護に関する法令順守を支援するという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP