キャッシュカード店頭即時発行サービスをふくおかFGが採用(凸版印刷)

2011年9月16日16:57

凸版印刷は、金融機関が店頭でICキャッシュカードを発行し、顧客にその場で渡すことができるICキャッシュカード店頭即時発行サービス「TOPPAN ACIS-BS」を販売しているが、ふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行、熊本ファミリー銀行、親和銀行)が2011年10月から取り扱いを開始する「キャッシュカード・ダイレクトバンキングカード店頭即時発行」で活用されると発表した。

カード発行機「CP600MH」(出典:凸版印刷のプレスリリース)

キャッシュカード・ダイレクトバンキングカード店頭即時発行は、顧客が店頭でキャッシュカードやダイレクトバンキングカードなどを申し込むと、営業店に設置した小型のカード発行機から即時発行し、その場でカードを渡す仕組みである。

対象は個人のユーザーで、利用条件は口座名義人本人が来店し、本人確認が行える顔写真付の本人確認資料(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード等)の提示により、本人確認が行えることが条件となる。

対象カードは、磁気キャッシュカード(2券種:一般、キャラクター)、生体認証ICキャッシュカード(2券種:一般、キャラクター)、ダイレクトバンキングカード、カードローンカード(再発行のみ)の6種類。

ユーザーは、カードを即日受け取ることができ、 カード発行と同時に生体情報を登録することで来店の手間を省くことができる。また、カードの破損や磁気不良の場合でも即日交換が可能だ。

TOPPAN ACIS-BSは、金融機関のニーズにマッチした高機能カード発行機「CP600MH」を利用しており、12券種のカード装填を標準仕様とし、多くのバリエーションのカード発行に対応している。また、床設置面積を従来品の1/3に最小化(本体部サイズ幅216mm×奥行き630mm)した。さらに、インターネットバンキングカードの発行にも対応しており、カードに印字された乱数表を、本人以外の目から隠蔽するための目隠しシールを自動的に貼付する機能を装備しているという。同社では、ICデータ生成をはじめとした各種ASPサービスを提供しており、従来の郵送発行で利用するICキャッシュカードがそのまま利用可能などの特徴がある。

凸版印刷は、上記のサービスを本年度中にふくおかフィナンシャルグループの福岡県、長崎県、熊本県全店舗に提供する予定となっている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP