デジタルサイネージとNFC/ICカード連携ソリューションも登場(DSJ 2013等)

2013年6月17日8:00

「Interop Tokyo 2013」をはじめ、「IMC Tokyo 2013」「デジタルサイネージジャパン2013」「スマートデバイスジャパン2013」「ロケーションビジネスジャパン2013」の5つの展示会が2013年6月12日~14日まで開催された。

デジタルサイネージジャパン2013のNTTグループのブースでは、NTT西日本金沢支店が年2月26日~3月17日まで行った「金沢旅物語スマートインフォメーション」のトライアルについて紹介。同実験では、石川県金沢観光情報センタ-内にデジタルサイネージ端末を設置。デジタルサイネージ端末では、観光情報提供と、観光地の詳細情報を提供し、スマートフォン向け観光情報サービスを連携される取り組みを行った。スマートフォンの利用者は、NFCリーダやQRコードにスマートフォンをかざすとワンタッチで取得したい情報の詳細を確認可能だ。NTTによると、期間中、5,000回のタッチが行われ、そのうち1割がNFCリーダにタッチしたという。

日本マクロソフトのブースでは、キャラクターとの会話が楽しめるデジタルサイネージ「CeVIO VISION」を紹介。同端末は秋葉原の「アニメイト」で実際に運用されている。同端末では等身大のキャラクター「さとうささら」が店内や商品に関する情報をキャラクター自身の声で発信し、来店者とのインタラクティブな対話を実現している。同展示会では、サイネージ端末にNFCやQRリーダを搭載した製品を展示。今後は会員カードをかざすと、属性に応じた情報の配信を検討しているそうだ。

「Location Business Japan 2013」のiMES ShowCaseでは、ダイドードリンコ、シアーズ、測位衛星技術が高機能自動販売機と災害対応サイネージを連携した「情報測位社会基盤プラットフォーム」を展示。デジタルサイネージによる情報配信に加え、Wi-Fi、IMES、NFCに対応している。NFCスマートフォンをNFCリーダにかざすと災害時に避難場所まで誘導するといった利用を検討しているという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP