ISRの「CloudGate UNO」がiOSデバイスでFace ID/TouchIDを使ったパスワードレス認証を初めて提供

2020年11月18日9:30

クラウド認証サービス「CloudGate UNO」を提供するインターナショナルシステムリサーチ(ISR)は、2020年11月17日、パスワードレス認証に関する事業戦略発表会をオンラインで開催した。ISRでは、12月19日から、「CloudGate UNO」がiOSデバイスでFace ID/TouchIDを使ったパスワードレス認証を初めて提供する。また、12月21日から、全てのプランでパスワードレス認証を標準提供するそうだ。

インターナショナルシステムリサーチ 代表取締役社長 メンデス・ラウル氏

FIDO2による認証サービスで安全性と利便性を確保

インターナショナルシステムリサーチ(ISR)は1993年に設立。2008年に「CloudGate(クラウドゲート)」、2013年にクラウド認証サービス「CloudGate UNO(クラウドゲート ウノ)」を提供開始している。2014年には、パスワードレス認証を推進する団体であるFIDOアライアンスに加盟。2015年10月から、スマートフォンを利用した生体認証でCloudGate UNOのログインを行うための専用アプリ「CloudGate Authenticator」を提供し、2016年3月にはCloudGate UNOがFIDO規格に対応している。2019年5月には、FIDO2に対応したパスワードレス認証を提供開始している。

ISRが提供するCloudGate UNOは、クラウドサービスへのアクセス制限とシングルサインオンを同時に実現可能だ。一度の認証でさまざまなクラウドサービスへアクセスでき、人・物・場所などを特定して 各種クラウドへアクセスできる条件を指定できる。SAML 2.0もしくはOpen ID Connectを実装した100以上のサービスと連携可能となっている。特徴として、セキュリティキー、Windows Helloや Touch IDを利用してパスワードレス認証が可能だ。2020年3月時点での導入実績は、1,600社80万ユーザーとなっている。

ISR 社長室 グループリーダー 能村允沙予氏によると、“安全”で“利便性の高い”認証を実現させるため、FIDO2による認証サービスを提供しているという。CloudGate UNO でのパスワードレス認証では、デバイス内で確認した結果のみをサーバに送信するため、生体情報をネットワークに流すことない。また、認証情報がサーバ側に保存されることはないそうだ。法人では、パスワードを管理する必要がないため、安全性に加え、利便性が高まるとした。

CloudGate UNOのミッションについて説明するISR 社長室 グループリーダー 能村允沙予氏

すべてのプランでパスワードレス認証を標準提供

ISRでは、FIDO2対応の全デバイス(Windows、Mac、iOS, Android)からの認証をCloudGate UNOでサポートする。9月17日には、AppleのiOS14・iPadOS14対応によって、すべての OSプラットフォームでFIDO2のプラットフォームでのパスワードレス認証が対応可能となった。ISRでも12月19日から、FIDO2対応 Touch ID/Face IDでのパスワードレス認証を提供する。また、12月21日から、iOS14/iPad14デバイスからの認証をはじめ、CloudGate UNOの全てのプランでパスワードレス認証を標準提供するという。

1年間でCloudGate利用の10%がパスワードレス認証を目標にする
パスワードレス認証のデモは開発部 アシスタントマネージャー Robbins Robby氏が行った

2023年度には160万ユーザー、パスワードレス認証80万を目指す

ISR 代表取締役社長 メンデス・ラウル氏は、“認証維新”をさらに推進していきたいとした。2020年度のCloudGate UNO ユーザーは、80万だが、2023年度には160万ユーザーへ拡大し、 そのうちパスワードレス認証利用ユーザー数80万人を目指す。

今後の展開については、ISR プロダクトマネージメント部 マネージャー 柴田 一人氏が紹介した。2021年1月には、「スマートフォンによる緊急対応管理画面」をリリース。ユーザー検索する機能を取り揃え、アカウントをロックされたユーザーの検索、アカウントロックの解除ができるようにする。2月には、サービスごとでアクセスルールを設定できるようにする。CloudGate Authenticator、FIDO2、FIDO2 U2F、ワンタイムパスワードのどの認証要素の利用を許可するか各社のポリシーによって決定できるようにする。例えば、管理者がFIDO2 U2Fを指定するなど、セキュリティのプロファイルのアクセスルール単位で設定できるようになるそうだ。

ISR プロダクトマネージメント部 マネージャー 柴田 一人氏

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP