青森県、岩手県、秋田県でSuicaの利用エリア拡大(JR東日本)

2021年4月7日19:34

JR 東日本は、グループ経営ビジョン「変革 2027」において、さまざまな場面でSuicaを利用できる「Suicaの共通基盤化」を進め、地方を豊かにすることを目指しているが、このほど、青森県、岩手県、秋田県の線区において、Suicaを利用できるエリアの拡大を行う。駅数は3つのエリアを合わせて44駅、サービス開始時期は2023年春以降を予定している。

今回のSuica エリア拡大では、新たな改札システムを使用する予定だ。新改札システムで は、従来自動改札機にあったSuicaの主要な機能をセンターサーバに集約する。将来的には、さらなるSuicaエリア拡大のほか、モバイルSuicaなどスマートフォンによる多様なサービス提供などが実現できるようにクラウド化を進めるという。

Suicaの発行枚数は、約8,59 万枚(2021 年 3 月末現在)。JR東日本グループでは、東北エリアのさらなる復興に向けて、東北デスティネーションキャンペーンや「TOHOKU MaaS」、地域連携 IC カードの展開などを実施している。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP