Mastercardがグローバルな見地から不正利用のトレンドを検証 加盟店が今すぐ取り組むべき3つのセキュリティ対策

2021年6月23日8:30

非対面決済におけるクレジットカードの不正利用が増えている。犯罪者のターゲットにされているといわれている日本では、特に厳重な警戒が必要だ。加盟店が今すぐ取り組むべき効果的なセキュリティ対策とは? 2021年6月8日に行われた「決済セキュリティセミナー2021」から、Mastercard ディレクター サイバー&インテリジェントソリューションズ(C&I)丸山秀幸氏の講演内容を抜粋して紹介する。

Mastercard ディレクター サイバー&インテリジェントソリューションズ(C&I)丸山秀幸氏

不正利用の手口は年々巧妙化
足元の対策強化が急務

金銭搾取目的の犯罪として、5年ほど前には世界的にも、また日本でも、ATMキャッシュアタックが大きな問題として浮上していた。しかし現在では同様の犯罪は鳴りを潜め、ペイメントカードの不正利用は、オンライン加盟店における非対面取引に移行している。この背景には、クレジットカードにEMV規格のICチップが搭載され、リアル加盟店の側でもIC対応体制が整ったことから、対面取引における不正利用が明らかに減少していることがある。とはいえ、国際的な大きなイベントのある国は不正利用のターゲットになるといわれており、オリンピックを控えた日本は、非対面のみならず対面取引においても、引き続き犯罪発生に対する厳重な警戒態勢をとる必要があるといえるだろう。

Mastercardではグローバル規模で継続的に不正利用をモニタリング、レビューしている。イシュアや加盟店を襲うアタックは、特定地域に限らずボーダレスに発生しており、年々地域性が薄れてきている。しかしその中でも日本のイシュアの名前は常に上位に挙がり続けているのが現状だ。
不正利用の犯罪者の技術・手口はとどまるところなく巧妙化している。安心安全なはずのEMVチップを使っていても、わずかな隙を突いてアタックを仕掛けてくる事例が発生している。着実に足元を固める対策を、ひとつひとつ実践していく必要がある。

セキュリティ対策の3つのキーワード
コンタクトレス、COF、3-Dセキュア

最新の国際的なセキュリティ対策のキーワードを3つ紹介する。1つ目はコンタクトレス(タッチ決済)である。キャッシュレス決済というと日本ではコード決済が先を走っている感があるが、世界的に見るとコード決済は決して主流ではなく、タッチ決済が主流になっている。カードだけでなく、iPhoneのApple Payに代表されるように、スマホなどのデバイスでもブランドのコンタクトレス決済ができるようになっている。Mastercardのグローバルな調査結果によると、46%がコンタクトレス決済機能が搭載されたカードをメインに使っており、82%がコンタクトレス決済は清潔な決済手段だと認識。74%が引き続きコンタクトレス決済を使っていきたいと回答している。

コロナ対策のひとつとして世界各国がコンタクトレス決済の普及に力を入れている。この1年、毎月のように、どこかしらの国でサインレス・PINレスで利用できるコンタクトレス決済の上限額が上方修正されている。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP