「AlternaData」提供、POS/決済データを分析可能に(ナウキャスト)

2021年9月7日17:32

ナウキャストは、消費者購買に関わるPOSデータなど複数のオルタナティブデータを活用した投資分析プラットフォームサービス「AlternaData(オルタナデータ)」の提供を開始すると発表した。

200以上の上場企業の投資分析が可能(ナウキャスト)

「AlternaData」は、日本株に投資する機関投資家向けに特化した投資分析プラットフォームとなる。スーパーやドラッグストアのPOSデータや決済データを1つの投資分析プラットフォーム上でまとめて分析可能で、食品・日用品に関わる企業の売上動向を決算開示よりも前に把握できる。

同社のデータアナリストによる概要レポートやデータのダウンロードも可能で、投資家は「データの概要を確認→個別企業を詳細に分析→データをダウンロード」といった投資分析のフローをワンストップかつ柔軟に行えるようになるとしている。

今後、個別企業の各製品の販売状況を詳しく分析できる機能や、気象データと組み合わせて分析できる機能を追加予定です。家電など他業種のPOSデータや位置情報データの追加も検討していく。

近年、世界の資産運用業界では、企業のIR情報や政府の発表する経済統計などの公的なデータだけでなく、これまで活用されてこなかったPOSデータやクレジットカードの決済情報、衛星画像などの代替的なデータ(オルタナティブデータ)を投資判断の材料として活用する動きが強まっている。

日本でもオルタナティブデータを投資家へ提供するサービスが生まれてきているが、マーケティング用途で使われていたものを機関投資家向けに転用したものが多く、投資分析を行う投資家は、複数の異なる提供元から個別に提供されるデータを自身でまとめ上げて分析する必要があり、手間とコストが大きな課題となっていた。

そうした課題を解決するため、複数のオルタナティブデータを提供している同社は、POSデータや決済データなど消費者の購買行動に関わる複数のデータを用いた投資分析を1つの場所で行うことができるサービス「AlternaData(オルタナデータ)」を提供することとなった。

ナウキャストは「AlternaData」を通して、投資家に投資のインサイトをいち早く届け、より効率よく多面的な銘柄分析を可能にするサービスを提供しているそうだ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP