セブン&アイ・フードシステムズ運営の「デニーズ」等へバーコード決済サービス導入(インコム)

2021年9月28日14:16

インコム・ジャパンは、2021年9月28日から、セブン&アイ・フードシステムズが展開する飲食店事業の「デニーズ」「ポッポ」「白ヤギ珈琲店」「麹町珈琲」「太陽のグリル」の353店舗のPOSレジ端末にて全9種類のバーコード決済サービスの取り扱いを開始したと発表した。PayPay、d払い、au PAY、楽天ペイ、LINE Pay、メルペイ、ゆうちょPay、Alipay、WeChat Payの取り扱いがスタートした。

セブン&アイ・フードシステムズが展開する店舗では、これまでPOSレジ処理とは別に店舗側が提示しているQRコードを利用者が自分のスマートフォンの決済アプリで読み取る方式でバーコード決済を運用していた。そのため、POSレジ処理との売上金額の相違、決済に時間がかかる等のレジ運用面での業務課題があった。また新型コロナウイルス感染拡大後、日本国内でも「新しい生活様式」が広がり、人を介した決済手段に対して不安を抱く方も増えてきている。

今回インコム・ジャパンが提供するPOSレジ処理のみでバーコード決済が完結する決済システムを採用することで、各店舗でのキャッシュレス決済環境を整備し、レジ業務の効率化を図っている。

なお、353店舗以外の店舗においては、POSレジ端末とは別の決済手段にてバーコード決済の利用が可能だ。

インコム・ジャパン株式会社

〒163-0610
東京都新宿区西新宿1-25-1新宿センタービル41F
私たちは、コンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店、スーパー、ディスカウントストア等、国内約65,000店舗のPOSレジシステムと接続することでPOSA事業を展開しています。2017年1月にPOSレジでのコード決済のペイメント事業に参入しました。2020年9月にはオンラインショッピングサイトへのコード決済の提供を開始致しました。また、Visaのプリペイドカード発行事業も行っております。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP