観光促進型地域デジタル通貨「ルーラコイン」開始(ルーラ)

2022年2月6日7:00

ルーラは、2022年2月5日から、ブロックチェーンを活用した観光促進型地域デジタル通貨「ルーラコイン」のプロトタイプ版をリリースし、有馬温泉、飯坂温泉、伊豆下田エリアで順次、実証実験を行うと発表した。実証実験には、SAMURAI Securityが企画支援で参画している。

観光促進型地域デジタル通貨「ルーラコイン」(ルーラ)

ルーラコインは、全国の温泉地、観光地で使える観光に特化した地域デジタル通貨となる。全国の温泉地・観光地で横断的に使えるデジタル通貨(1ルーラコイン=1円)とプレミアムポイント(キャンペーン毎に付与されるボーナスポイント)の2つで構成されている。

最大の特徴は、地域の温泉旅館、観光名所、旅行会社と連携したルーラコイン限定商品や限定特典だという。具体的には、特別な宿泊プランやアクティビティ、キャラクターとコラボした物産品や限定グッズのほか、現地でしか入手できないデジタルコンテンツ(ブロックチェーンを活用したNFTコンテンツ)などを順次開発し、提供する。ほかにも地域で利用された決済金額の1%がその観光地に自動的に寄付される仕組みもある。

ルーラコインは、コインの購入及び利用に関するトランザクションの管理にブロックチェーン技術を利用している。ルーラコインでしか購入できないNFTコンテンツの販売などの将来構想を見据えて、各NFTサービスで利用実績の多いPolygon(MATIC)ネットワークを採用している。

プロトタイプ版では、クレジットカードによるチャージに加えて、チャージ専用プリペイドカードを用意する。第一弾コラボとして、地域活性化プロジェクト「温泉むすめ」とタイアップキャンペーンを行う。温泉むすめのキャラクターを書き下ろしたコラボプリペイドカードを各エリアで順次販売していくことで、使うだけでなく、集める楽しみを提供していくそうだ。

ルーラは、ルーラコインを利用できる温泉地、観光地を全国100箇所以上に増やしていきたいとしている。同時に、地域の魅力を体験できる宿泊、アクティビティ、物産品、コンテンツなどのルーラコインでしか購入できない商品やサービスを提供していくことで、地域と人とを繋げ、地域に眠る文化、歴史、観光資産をもっと身近に体験できるデジタル時代に即した新しい旅のスタイルと楽しみを提供していきたいとしている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP