インドに開発拠点「Pay2 Development Center」を設立(PayPay)

2022年10月28日15:45

PayPayは、2022年10月に、インド共和国のハリヤナ州に同社初となる海外開発拠点「Pay2 Development Center」を設立した。IT人材を豊富に抱えるインドに拠点を設立することにより、現地の優秀な技術者を採用し、日本とインドの二拠点での開発体制を実現することで、開発スピードやプロダクト品質のさらなる向上を目指す。

インド開発拠点設立(PayPay)

PayPayは2018年の創業以来、インド大手のQR決済事業者であるPaytm(ペイティーエム)から技術支援を受け、年間約50回に及ぶアプリのアップデートを行ってきた。その結果、2022年9月には登録ユーザーが5,100万人を突破し、日本の人口の約2.5人に1人が利用するアプリとなっている。

これまでPayPayの開発部門においては、海外および日本から国籍を問わず年間数百名に及ぶ人材を採用しており、外国人比率は約7割と人材のグローバル化が進んでいる。今回、開発スピードとプロダクト品質のさらなる向上を目指し、Paytmの本拠地でもあるインドにPayPay初となる海外開発拠点を設立した。インドでの採用においても数百名のエンジニアを募集し、日本と同等の開発拠点へと発展させていく。日本とインドの二拠点での開発体制とすることで、開発スピードを加速し、プロダクト品質の向上も含めた開発力の抜本的な強化を目指す。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP