2023年4月24日8:00

トークン技術「Cloud Token for Payment Card」の併用も可能

PCI DSSの準拠・運用をサポートする「PCI DSS Ready Cloud」シリーズを主力商品に据えるリンクのセキュリティプラットフォーム事業部は、2022年3月末に行われたPCI DSS v4.0の公開に先がけ、対応準備を着々と進めてきた。自社として予定通り準拠を遂げたのはもちろん、短期間で効率良くv4.0対応を可能とする「PCI DSS Ready Cloud マネージドモデル」をリリース。v3.2.1からのバージョンアップ作業を進める顧客向けに、コスト削減のためのインフラ・ネットワーク設備の切り替えを促している。また、スコープ最小化やリスク低減のため、トークン技術を組み込んだ「Cloud Token for Payment Card」の利用も推奨している。(「決済セキュリティ2.0」より)

左からリンク セキュリティプラットフォーム事業部 事業部長 滝村享嗣氏、同事業部 新サービス開発部マネージャー 傳田直也氏

バージョン4.0にいち早く対応
自社運用と併せてサービス提供も開始

リンクのセキュリティプラットフォーム事業部では、PCI DSSの準拠・運用をサポートするソリューション「PCI DSS Ready Cloud」を主力商品に据えている。「PCI DSS Ready Cloud」は同社独自のクラウド環境でサービスを提供するプライベートクラウドモデルからスタートし、AWS(Amazon Web Service)を活用したAWSモデルを追加。さらに、オンプレミス、AWS、Microsoft Azureなど、サーバ・ネットワーク環境を選ばず、PCI DSS要件を満たすことが可能なセキュリティコンポーネントを提供する、「マネージドモデル」をリリースした。

同社では、2022年3月末のPCI DSSバージョン4.0の公開に先がけ、対応準備を着々と進めてきた。同年5月末には「PCI DSS Ready Cloud マネージドモデル」をv4.0対応にグレードアップ。現在も、約50社を超える顧客に対して、マネージドモデルを活用したv4.0へのバージョンアップを支援するプロジェクトを進行中である。

また、従来モデルは、顧客のネットワーク内にセキュリティコンポーネントを配置するという考え方だったため、パッチ処理や脆弱性診断といった運用は顧客自身が行っていたが、マネージドモデルではそれらも同社側で実行する(※リンクが提供するセキュリティコンポーネントの範囲のみが対象)。顧客は、Webサーバやアプリケーションサーバ、DBサーバなど、自社サービスの展開に必要なサーバ群のみを管理するだけで済み、これまでに比べて顧客の運用負荷が半減するという。

PCI DSSに準拠する仕組みを自社のみで構築・運用するのは容易ではない。技術者集団である同社自体、サービスをつくり上げるまでに、いくつものツールの検証など、多くの時間とコストを費やした経緯がある。同社のセキュリティプラットフォーム事業部 事業部長 滝村享嗣氏は「利用している具体的なツールについては非公開ですが、v4.0に効率良く対応し、しかも運用工数も削減できるようサービスを設計しています」と話す。

同社は、国内クラウドサービスプロバイダとして、いち早くv4.0に対応済み。v3.2.1から約50の審査項目が増えたため、監査コストは若干高まったという。

「PCI DSS Ready Cloud マネージドモデル」は、数十万円の初期費用と月額50万~60万円のランニング費用で利用が可能。同社は、本サービスを利用することによって、自社構築の場合と比較して、設計・構築の期間を最大55%短縮でき、システム取得・維持コストを最大90%削減できるとしている。

カード情報のトークン化により
PCI DSSの暗号化要件をクリア

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP