2023年5月15日9:00

JR東海は、グループ共通ポイントサービス「TOKAI STATION POINT」を2023年10月から開始する。利用者は、通勤・通学で利用する駅や旅先・出張先の駅でお得にポイントを貯めて、使うことができる。JR東海では、「いつもの駅が、もっと楽しく、もっと広がる」サービスを目指すという。

「TOKAI STATION POINT」アプリイメージ

34の駅商業施設でポイントが貯まり、使える
沿線都市と移動の価値を高めるサービスへ

「TOKAI STATION POINT」は、JR東海グループが運営する34の駅商業施設(約1,000 店舗)で利用できる共通ポイントサービスだ。iOS、およびAndroidアプリでポイントが貯まり、使えるサービスだ。利用者は、対象となるJR東海グループの駅商業施設で買い物時にアプリ会員証提示すると、110円(税込) につき1ポイントが貯まる。貯まったポイントは、1ポイント=1円として、1ポイント単位で利用可能だ。

「TOKAI STATION POINT」のロゴ

「『沿線都市と移動の価値を高める』という当社のグループビジョンの実現に向け、通勤や通学、旅先や出張先などあらゆるシーンでの駅のご利用の際の買い物や、食事を、より便利に快適に楽しんでいただきたいと考えサービスを開始します。より便利で快適な顧客体験を目指したいと考えており、アプリを通じてお客様の興味・関心に合ったコミュニケーションを行うことで、既存事業の収益拡大につなげるとともに、駅等でのイベントと連携することで、鉄道の利用促進にもつなげていきたいと考えています」(JR東海)

JR東海グループでは、これまで4社(5施設)で個別のポイント制度を展開していたが、今回、新たにグループ共通のポイントサービスを開始することとなった。グループ各社の個別ポイントは今後も継続するが、共通ポイントへ移行することが可能となる。また、グループの潜在顧客数の具体的な数は把握しきれてないというが、東海道新幹線のネット予約やチケットレス乗車が可能な「EX サービス」会員1,000 万人をはじめ、在来線定期利用者や駅商業施設利用者などのJR東海の駅施設利用者が対象となる。

「TOKAI STATION POINT」紹介サイト

“アプリの使いやすさ”にこだわる
お得なクーポンやお知らせを配信

サービスの開発に向けて特にこだわった点は、“アプリの使いやすさ”だ。「駅を利用するお急ぎの方や幅広い年代の方々に使っていただけるよう、極力シンプルな説明や画面遷移になるよう配慮しました。また、アプリで楽しんでいただける要素として、移動と組み合わせたスタンプラリー機能もリリース時点から導入する予定です」(JR東海)。
なお、今回のサービスはアプリ限定となり、カードは発行されない。アプリに限定した理由は、スマホの普及によりWeb やアプリのみの会員証サービスが増加していることから、別途カードを必要としないアプリのみとする方がユーザーの利便性が向上すると考えたためだ。

アプリを活用した日常的な稼働率向上施策(プッシュ配信など)については、JR東海グループの駅商業施設で使えるお得なクーポンやお知らせを配信していく計画だ。また、グループの施設間の相互送客に関しては、スタンプラリーやクーポン配信などを活用し、グループ施設間や施設内の利用を促進したいと考えているそうだ。

JR 東海の強み、サービスの目指す世界は?
鉄道事業とのシナジーで価値あるサービスを目指す

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP