「京王ポイント」を京王沿線の共通ポイントに、金融サービス「京王NEOBANK」で長期の関係を構築へ

2023年5月23日8:00

京王電鉄と京王パスポートクラブでは、2022年10月から、サービス名称を「京王グループ共通ポイントサービス」から「京王ポイントサービス」へ変更し、京王グループ外へのポイントサービス展開を開始した。両社では、京王ポイントの付加価値向上に力を入れており、2023年秋には住信SBIネット銀行と連携して、金融サービス「京王NEOBANK」の提供も開始する予定だ。

左から京王電鉄 経営統括本部 経営企画部 計画担当 課長 川島洋祐氏、京王パスポートクラブ 取締役 経営管理部長兼システムセンター長 小野郁恵氏、京王電鉄 経営統括本部 IT管理部 カード担当 課長 藤川岳人氏

鉄道グループ共通ポイントの先駆けに
クレジットカード会員は3つのポイントがお得に貯まる

京王グループは、京王線・井の頭線の沿線エリアを中心に、鉄道、バス、タクシーといった運輸業、京王百貨店、京王ストアといった小売業、不動産業、レジャーサービス業などを展開している。京王ポイントは前身となった京王グループ共通ポイントが2002年にスタート。現在は複数の鉄道事業者が展開する鉄道のグループ共通ポイントの先駆けとなった。京王パスポートカード会員は2022年3月で162万人、23年3月で166万人を有する。

会員の種別として、クレジットカード会員は約37万5,000人、現金カード(もしくはモバイル)が約124万人となる(2022年3月時点)。中でも三井住友カードと提携して発行する「京王パスポートVISAカード」は、「京王のお店で、クレジットでお支払いなら、ご利用店舗でのポイントに加え、クレジットポイント(ともに京王ポイント)、三井住友カードの『Vポイント』という3つのポイントが付与されます」と京王パスポートクラブ 取締役 経営管理部長兼システムセンター長 小野郁恵氏は説明する。

3つのポイントが貯められる「京王パスポートVISAカード」

京王パスポートカード会員の属性として、50代、60代、70代で6割以上を占める。また、クレジットカード会員は女性比率が高い。京王パスポートクラブでは、年間8割の稼働を誇るクレジットカード会員の獲得に特に力を入れている。

さらに、デジタル化への取り組みとして、スマートフォンアプリ「京王アプリ」もアイリッジと連携して提供している。利用者は、京王パスポートカードを登録すると、京王ポイントのデジタル会員証機能を使用可能だ。ポイントの残高や利用履歴も京王アプリで確認できる。京王アプリは20代、30代の利用が目立ち、若年層の獲得に貢献している。また、今後は40代以上の利用も伸びていくと見ている。

「京王ポイント」をささはた商店街から付与
沿線での相互送客を目指す

「京王ポイントサービス」は、定期券購入や交通IC電子マネーの利用に加え、京王沿線約750店舗で「貯まる・使える」サービスだ。貯めた京王ポイントは、1ポイント=1円から百貨店やホテル、スーパー、書店など、さまざまな対象店舗で利用可能だ。

これまで京王パスポートクラブは、ポイント対象店を京王グループおよびグループ施設内店舗に限っていたが、2022年10月にポイントサービス名称を「京王グループ共通ポイントサービス」から「京王ポイントサービス」に変更し、グループ外の店舗でも利用できるようにした。京王グループは沿線で密度の濃い会員組織が強みとなり、沿線に特化した店舗を有していたが、ポイントの外部開放により、京王沿線のさまざまな生活シーンで利用してもらえると考えている。

第一弾として2023年4月から、渋谷区 西原・幡ヶ谷・笹塚商店街連合会(以下、ささはた商店街)と連携し、西原・幡ヶ谷・笹塚エリアの8つの商店街に「京王ポイントサービス」を導入した。京王電鉄 経営統括本部 IT管理部 カード担当 課長 藤川岳人氏は「若年層を含む、新たな顧客層の開拓と既存のお客様、および沿線の活性化まで見据えています」と話す。ささはた商店街では、2008年から、会員登録を行えば手持ちの「PASMO」「Suica」がポイントカードに兼用できる独自ポイントサービス「ささはたポイント」を運営してきたが、3月末で終了した。これに伴い、利用者が貯めた「ささはたポイント」は「京王ポイント」に移行している。

同商店街を皮切りに、今後は、京王線沿線の小売、飲食、サービス業などに幅広く「京王ポイントサービス」に加盟してもらいたいと考えている。加盟店舗にとっては、他の加盟店からの送客や電車・バス利用者をはじめとした見込客の増加が期待できるという。

「stera terminal」でポイント付与が可能
加盟店舗は商圏会員へのアプローチも可能に

加盟店舗は三井住友カードの「stera terminal」を利用してポイントの付与が可能だ。すでに「stera terminal」には京王ポイントのアプリが標準で搭載されている。また、クレジットカード等の決済は三井住友カード、PASMO等の交通電子マネーは京王電鉄と契約すれば、1台でポイントと各種決済サービスの導入が可能だ。

加盟店募集は、京王グループをはじめ、既存のPASMO電子マネー加盟店、沿線の商店街などを中心に行っている。外部加盟店で京王ポイントが付与された場合、他の共通ポイントと同様に、加盟店の取扱高の数%を京王パスポートクラブに支払う仕組みだ。藤川氏は「ポイント事業で収益を上げることよりも、沿線を如何に活性化させるかを主目的にしています」と述べる。

なお、加盟店舗に対しては、京王パスポートカード会員をターゲティングして、ダイレクトメールを発送するといったマーケティング支援も可能だ。また、利用者の属性など、レポーティング機能の提供も要望があれば行っていきたいとした。

「京王NEOBANK」で若年層との接点強化
デビットカードで日常利用を促す

「京王NEOBANK」はMastercardデビットの機能も

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP