所有しているクレジットカード会社は楽天カード、JCB、三井住友カードがトップ3(MMD研究所調査)

2012年12月11日15:20

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は、2012年12月3日~6日にかけて「クレジットカードの利用に関する実態調査」を20代~40代の男女1,335人を対象に実施した。

所有しているクレジットカードのカード会社についての調査(出典:MMD研究所のプレスリリース)

まず、日常的にクレジットカードを利用する場所について調査したところ、「ネットショッピング」が73.0%と最も多く、次いで「家電量販店」が45.3%、「デパート・百貨店」が38.7%という結果となった。次にネットショッピング専用にカードを所有しているかを聞いたところ、34.1%が専用にクレジットカードを持っていると回答した。

クレジットカードの所有状況については、全体の83.0%がクレジットカードを所有している結果となった。また、クレジットカード所有者を対象に、所有しているクレジットカードのカード会社について聞いたところ、「楽天カード」が42.5%と最も多く、次いで「JCBカード」(ジェーシービー)が32.0%、「三井住友VISAカード」(三井住友カード)が27.5%という結果となった。

カードを所有したきっかけについては、「加入すると特典が付くキャンペーンや割引があったから」が53.1%、「ネットショッピングの決済時に必要だったから」が38.7%となった。また、クレジットカードを選ぶ際に重視した点については、「ポイントが貯まる」が75.0%、「年会費が無料」が62.3%となった。

さらに、「クレジットカードで意識的にポイントを貯めていますか?」と質問したところ、「意識的にポイントを貯めるようにしている」と回答した人が55.7%、「ポイントが貯まるカードのため使用する度に勝手に貯まっている」と回答した人が41.1%と過半数が意識的にポイントを貯めていることがわかった。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP