モバイル送金の新ビジネスモデル~Mobile Money Transfer~

2014年2月27日8:00

モバイル送金の新ビジネスモデル
☆☆☆ 送金サービスはモバイルへなびく ☆☆☆
Mobile Money Transfer

日本カードビジネス研究会代表 佐藤 元則

●送金サービスのニュートレンド

スマートフォンやタブレットの普及がすすみ、送金サービスのビジネスモデルが激変している。

ncb1送金サービスの古典的なモデルは、ウェスタンユニオンやマネーグラムに代表される、窓口へ出かけて送金や受金するウォークイン型である。またの呼び名はエージェント型。

銀行送金だと数日かかるものを数時間に短縮し、銀行口座がなくても送金できるというメリットで、世界中に送金窓口を拡大した。欠点はわざわざ窓口へ出かけなければならないこと。待ち時間があること。ペーパーワークという負担があるということだった。

そこにインターネットが登場し、オンライン型の送金モデルが生まれた。自宅やオフィスからWebで送金。わざわざ窓口に行く必要がない。待ち時間がなく、キー入力ですむ。という利便性がうけてシェアを拡大した。

このビジネスモデルで最も成功したのは、E-mailでの送金を可能にしたPayPalである。送金資金は銀行口座やデビットカード、クレジットカードやPayPal口座残高から引落とす。受金者はPayPal口座から銀行口座へ振替えて現金を引出す。受金者にプリペイドカードを配布して出金するという方法を採用した会社もある。

ところが携帯電話の普及で、もっと個人の生活行動に密着した送金サービスが可能になった。デスク上の固定型パソコンから、モビリティの高い携帯電話へ。いつでも、どこからでも、送金できる。国内の個人間送金や国際送金も簡単だ。有名なのはケニヤで誕生したM-Pesaである。これはE-mailではなく、携帯電話番号へ送金するビジネスモデルだ。

さらに現在では、携帯電話が進化したスマートフォンやタブレットが送金サービスの変容を加速している。今回はスマートフォンやタブレットを利用した、最新送金ビジネスモデルについてレポートする。

●送金に新たな顧客体験を創造

携帯電話からスマートフォンやタブレットに切り替わって、どんなサービスがうまれたのか。GoogleのWallet送金、Squareの革新的なモバイルE-mail送金、レミトリーのコミュニケーション送金、そして英国バークレイズ銀行のモバイル送金を事例にとりあげよう。

これらに共通しているのは、国内送金も国際送金も基本は無料ということである。どこで儲けるのか。それは個社の提供しているサービスに依存するところが大きい。

Googleは広告収入の拡大。Squareは加盟店への支払方法の拡大。レミトリーは送金サービスしかないため、顧客基盤を拡大し、有料の送金へのアップセルをめざす。バークレイズ銀行のPingitは、口座活性化と銀行商品のクロスセルで儲けようとしている。

スマートフォン送金で送金者と受金者を特定させるキーは、E-mailアドレスと携帯電話番号だ。GoogleはGmailを柱にしたE-mailアドレスを活用。SquareもユニークなE-mail活用で両者を特定している。レミトリーとバークレイズ銀行は携帯電話番号が本人特定のIDとなっている。E-mailアドレスは、スマートフォンだけでなく、パソコンやタブレットでも確認できるという優位性がある。

今回のレポートで強調したいのは、送金サービスの課題をコミュニケーションの可視化で解決しようとしていることである。いつ届くかわからない。本当に届いたのかわからない。という不安を解消するサービスを提供している。

送金時や受金時の通知サービス。画像やイラストを添付できるパーソナルなメッセージ機能。送金のやりとりを可視化できる日本のLINEのようなサービス。これらは、いままでにない送金サービスの付加機能だ。付加機能でありながら、ビジネスモデルの優位性を決める重要な要因でもある。送金は送り手と受け手をむすぶ、お金を通じたコミュニケーション、ということを忘れてはならない。

■続きはNCBレポート2014年3月号で
ncb2

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP