ペイメントカード・セキュリティフォーラム来場者に「PCI DSS Version3.0ガイド」プレゼント

2014年2月28日11:00

PCI DSS Version3.0の準拠対応のポイントは?
98カ所の変更点を中心に解説

TIプランニング ペイメントナビ編集部は、2014年3月25日に「ペイメントカード・セキュリティフォーラム2014」を開催します。今回、本フォーラムに登録し、ご来場いただいた加盟店、サービスプロバイダ(決済処理事業者など決済情報を扱う事業者)、決済端末製造会社やPOS製造会社に特製の小冊子「PCI DSS Version3.0ガイド(PCI DSS Version3.0の準拠対応のポイント)」をプレゼントいたします。

「PCI DSS Version3.0ガイド」
「PCI DSS Version3.0ガイド」

2013年11月7日にPCI DSS(Payment Card Industry:データセキュリティ基準)バージョン3.0が発表されました。今回のバージョンアップにおいて、特に大きな変更箇所はありませんでしたが、細かい修正点は複数存在します。例えば、PCI DSSの運営団体である「PCI SSC」がまとめた「バージョン2.0から3.0への変更点」(Summary of Changes from PCI DSS Version 2.0 to 3.0)では、98カ所の変更点が挙げられています。その中でも18カ所は「発展中の要求事項:Evolving Requirement:新しい脅威や市場の変更にそって、基準を最新のものにするための変更」であるそうです。そこで、「PCI DSS Version3.0ガイド(PCI DSS Version3.0の準拠対応のポイント)」では、ネットワンシステムズにコンサルティングや審査を通じて取得したノウハウや知見に基づき、98カ所の変更点を中心に準拠対応上のポイントに絞って紹介してもらいました。

■特製の小冊子「PCI DSS Version3.0ガイド(PCI DSS Version3.0の準拠対応のポイント)」
著書:ネットワンシステムズ株式会社
栗田 晴彦氏
沖 也寸志氏
大木 直人氏
(3月25日開催の「ペイメントカード・セキュリティフォーラム2014」参加者に登録し、参加した方に無料プレゼント)

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP