法人カードの利用をリアルタイムで管理できるサービスを提供(三井住友カード/フリーダム/MasterCard)

2015年9月29日12:45

三井住友カード、フリーダム・ジャパンと、MasterCardは、日本で初めて法人カードの利用をリアルタイムで管理できるサービス「コーポレートカード・コントロール」の開発に向けて、3社が協働することで合意したと発表した。
今回のサービスにより、企業は従業員の法人カード利用状況をリアルタイムで管理することが可能となるため、従業員による不適切な利用や第三者による悪用への懸念を理由に法人カード導入を見送っていた企業が導入しやすくなるという。

「コーポレートカード・コントロール」の仕組み(出典:三井住友カード、フリーダム、MasterCardのプレスリリース)
「コーポレートカード・コントロール」の仕組み(出典:三井住友カード、フリーダム、MasterCardのプレスリリース)

具体的には、フリーダムが提供するクラウドベースの経費精算システムの中に、「コーポレートカード・コントロール」の機能を実装させることで、企業管理者は従業員に貸与した法人カードの利用金額を即時に制限したり、カード利用者へのアラート通知による注意喚起等が可能となる。

なお、同機能は、MasterCardが提供するプラットフォーム「In Control(イン・コントロール)」を活用している。
経費管理システムを導入する企業は多くあるが、従業員による入力の手間や入力ミス・改ざん、経理担当による入力内容チェック等の業務負荷が課題となっている。欧米では、従業員の経費利用を法人カードに集約し、そのデータを経費精算システムへ連携することでこのような課題を解決しているが、日本では法人カード自体を導入することに抵抗感のある企業が多いのが実情であるそうだ。同サービスにより、これまで法人カードを敬遠していた企業にとって、経費精算システムとセットで導入することで、より効果の高い業務効率化、ガバナンス強化が期待できるという。

フリーダムの調べによると、現在の日本企業の経費精算システムの導入率はまだ3割未満であり、市場規模は20億円(ミック経済研究所調べ)ほどと試算されている。2015年1月に閣議決定された、領収書の電子保管を認める電子帳簿保存法の改正を受けて、これまで企業の中でシステム化が立ち遅れていた経費精算の分野が新たに注目され、日本企業の間でシステム導入が急速に進みはじめているという。

今後、三井住友カード、フリーダム、MasterCardの3社は、今年度内に同サービスを稼働させ、今後5年以内に1,000社への導入を目指す。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP