中国フィンテックの脅威~Threat of China Fintech~

2016年2月1日8:00

ncb1

人口13.6億人という中国パワーのすごさはどうだろう。日本の10倍強、米国の4倍を超える。世界の人口シェアは18.6%。5人集まればひとりは中国人という計算だ。

統計数字が一桁も二桁も違う。
白髪三千丈ではないが、日本人の感覚からすると誇張表現ではないかと、つい疑ってしまう。

その中国でフィンテックが躍進している。欧米に比べてまだ数は少ないが、
新興グループの一角は既存の銀行や証券をしのぐ利用者数を集めている。

Eコマースの巨人アリババグループ傘下のアリペイ(Alipay)。
多様なネットサービスで快進撃をつづけるテンセントグループのテンペイ(Tenpay)。
検索エンジンのバイドゥが展開するウォレット。これらは、既存勢力にとって脅威だ。

中国フィンテックのレッドパワーはどれだけすごいのか。金融サービスでなにを志向しているのか。その実態をレポートしよう。

ncb2

■恐るべし中国パワー

まず中国経済市場を俯瞰する。減速懸念がささやかれるが、名目GDPは世界第2位。今後も世界に大きなインパクトを与えることは確かだ。1位の米国との差も年々縮めている。

2014年可処分所得の成長率も6.8%と世界平均の1.3%に大きく差をつけ、消費者市場が拡大している。米ボストンコンサルティンググループは中国消費者市場は2020年に6兆5,000億ドル(780兆円)規模に達すると予測した。2015年から54%増。GDP成長率が下方修正されてもこの予測は変わらないという。

この消費者市場拡大を牽引するのは年収81万円以上の中産・上流階級だ。該当人口は2015年5.45億人。2022年には6.9億人、2030年には8.3億人に達する。なかでも年収300万円以上の上流階級はその比率を高め、2015年の2,200万人から2030年には2.2億人に膨れ上がる。消費意欲の高い彼らは都市部に住み、モバイルやPCを活用してオンラインショッピングをよく使う。

中国のEコマース市場は2014年、4,730億米ドル(約56.9兆円)に達した。米国は3,060億米ドル(約36.7兆円)。アマゾンやペイパルなどが牽引してきた米国Eコマース市場よりも大きいのだ。

2011年、当時米国Eコマース市場は中国の1.5倍以上の規模を誇った。しかし中国は急成長を遂げ、2013年に追い抜き、2015年には逆に1.5倍もの差を米国につけた。日本のEコマース市場12.8兆円と比較するとその差は大きい。

■続きはNCBレポート2016年2月号で
ncb3

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

認証テスト、テストツール、コンサルティング、トレーニング。FIME JAPANは日本のキャッシュレス化を包括的にサポートします。(FIME JAPAN)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP