2016年11月17日5:46

現在、スマートフォンやタブレット端末機に専用アプリをインストールし、カードリーダと連携する決済が世界中で行われるようになった。「世界の送金・決済のイノベーション」では、モバイルPOSペイメントサービスについて、世界中の動向とコアモデルを紹介している。近年、従来のカードの磁気ストライプの読み込みからEMV スタンダードのICカードの読込にシフトしており、PIN(暗証番号)対応やデジタルサイン、NFC(Near Field Communication)を含むコンタクトレスペイメント、カード全体の読込(カードスキャニング)などのテクノロジーの導入も進んでいる。

発展途上国や新興国ではインフラ面からも期待が大きい

スマートフォンやタブレット端末機によるモバイルPOSペイメントは、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードによる決済を受け入れるマーチャントの裾野を拡大させた。特に、アフリカや南アジアなどの経済発展途上国やインドやブラジル、中国などの新興国では、固定通信回線インフラの整備が十分ではなく、日本や欧米先進国のように電話回線などによるPOSカード決済端末機の設置を拡大するのは難しい。スマートフォンやタブレット端末機によるモバイルPOSペイメントへの期待は大きい。

一方、先進国では、“O2O(Online to Offline)マーケティング”ツールとして注目されているほか、展示会やデリバリーにおける代金決済手段としての活用も見込まれている。また、スマートフォンやタブレッド端末機などのモバイルフォンデバイスを用いたモバイルPOSペイメントは、カード加盟店にとって、既存のPOSシステムと比較して小さな初期投資で導入できるという点からもメリットが大きい。

日本ではネットムーブ、リクルートペイメントなどが使用するMiura Systems は海外でもMINT Paymentsなどに機器を提供
日本ではコイニー、ネットムーブ、リクルートペイメントなどが使用するMiura Systems は海外でもMINT Paymentsなどに機器を提供

サービスプロバイダーにより取扱可能なカードデータの読み取りおよび認証方法は異なる

モバイルPOSペイメントは、“Squareレジスター”がアメリカで始まった2010年代の初めは、通信販売などカードを提示しないCNP(Card Not Present)におけるカード番号やカード有効期限などカードデータの手動入力と、CP(Card Present)の店頭におけるクレジットカードやデビットカードなどの磁気カードデータの読取とデジタルサインによる認証でのみ使われていた。

ヨーロッパを中心にEMV ICカードが急速に普及し、また2015年10月のライアビリティシフトにより、世界最大のペイメントカードのマーケットであるアメリカにおいてもEMV ICカード化が始まった。EMV ICカード化によって、カード偽造による不正リスクから解放されると、少額決済を中心に、イギリスやカナダ、オーストラリア、シンガポール、台湾、香港、中国などでコンタクトレスペイメントの普及が始まった。モバイルPOSペイメントは、当初の磁気カードのみならず、“Chip & Signature”(ICカードデータの読込みとデジタルサイン)や“Chip & PIN”で(ICカードデータの読込みとPIN(暗証番号)による認証)を行うEMV ICカードやMastercard ContactlessやVisa payWaveなどのコンタクトレスペイメントにも対応するようになっている。

(図表)は、現在のモバイルPOSペイメントのカードデータ読み取りと認証のバリエーションを示したものである。モバイルPOSペイメントのサービスプロバイダーによって、取扱可能なカードデータの読み取りおよび認証方法は異なっており、専用のカード読取機やPIN入力機の導入が必要である。また、カードデータの読み取りと認証の方法によってカード加盟店手数料が異なっている。

20161117mpos1

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP