スペインのSamsung Pay、日本のApple Payなど、世界中でモバイル決済をサポート(Gemalto)

2016年12月21日10:45

世界各国でさまざまなモバイルペイメントサービスの支援を行ってきたGemalto(ジェマルト)。日本では大日本印刷(DNP)と連携してサービスを提供している。同社 モバイル・ファイナンシャル・サービス プロダクト・マーケティング ディレクター Thierry Koeberle氏に、モバイル決済サービスの取り組みについて話を聞いた。

カイシャバンクがスペインで初めてSamsung Payを開始
日本ではDNPがApple Payに対応したサービスを提供

――まずはグローバルにおける貴社のモバイルペイメントの取り組みについてお聞かせください。
Thierry Koeberle:弊社では「Allynisトラステッド・サービス・ハブ(TSH)」により、カード発行会社(イシュア)にモバイル決済サービス開始への支援を行うワンストップの接続サービスを提供しています。2015年から極秘でさまざまなプロジェクトが行われてきましたが、その1つがスペインの金融サービスプロバイダであるカイシャバンク(CaixaBank)となり、Samsungの「Samsung Pay」をヨーロッパで初めてローンチさせました。

Gemalto モバイル・ファイナンシャル・サービス プロダクト・マーケティング ディレクター Thierry Koeberle氏
Gemalto モバイル・ファイナンシャル・サービス プロダクト・マーケティング ディレクター Thierry Koeberle氏

TSHでは、EMV、MIFARE、日本のFeliCaなどのシステムを受け入れることが可能となっています。Appleの「Apple Pay」、Googleの「Android Pay」、Samsungの「Samsung Pay」といったOEM Payをはじめ、さまざまな決済の仕組みに柔軟に対応可能です。たとえば、DNPでは、弊社のハブを通すことにより、日本で「Apple Pay」に対応したクラウド型決済サービスを構築されました。

フランスでも2017年以降はHCEの採用が進む?
各リージョンや銀行にあったサービスにアダプト

――HCE(Host Card Emulation)ベースのモバイルペイメントの採用状況はいかがでしょうか?
Thierry Koeberle:スペインにもカルフール(Carrefour)という大きなスーパーマーケットがありますが、AndroidベースでHCEの仕組みによるウォレットサービスを構築されました。現在、グローバルではOEM Payを確立させる流れが進んでいますが、HCEの利用もいずれ増えると考えています。オーストラリアではHCEの仕組みが使われ出していますが、フランスでも2017年の第一クオーターをめどに協定ができ、HCEを採用する流れが進む予定です。

――世界には複数のデジタルセキュリティベンダーがありますが、競合と比べた貴社の強みついてお聞かせください。
Thierry Koeberle:弊社は競合企業がサービスを開始する前からモバイルペイメントの準備を進めてきました。また、テクノロジについてもさまざまな仕組みをカバーできるキャパシティがあり、すでにトークナイゼーションの仕組みができあがっています。たとえばPROSA(プロザ)というメキシコで最も有名なプロセッサーにもトークンサービスを紹介しており、各リージョンや銀行にあったサービスにアダプトできます。

さらに、他社との違いという意味では、オランダの郵送のシステムに関しても弊社が作り上げた実績があり、ICカードキーで部屋の電気をつけたり、モバイルフォンで明るさをコントロールできるなど、アプリケーションの広がりも期待できます。

フランスのRATP、SNCF、ORANGEとJV設立
企業のデジタル化を全面的にバックアップ

――今後の展開についてお聞かせください。
Thierry Koeberle:フランス国内では、地下鉄などを運営する「RATP」、国鉄の「SNCF」、携帯キャリアの「ORANGE」、弊社でジョイントベンチャー(JV)を設立しています。その「Wizway Solutions」では、将来的にすべての公共のシステムをシームレスに作り上げて、ドア・ツー・ドアの移動を容易にするモダンでシンプルなチケットソリューションを提供するために活動しており、行政の後押しもありスタートした事業となっています。

弊社では、企業のデジタル化を全面的にバックアップしていける企業になりたいと考えています。たとえば、銀行に来てはじめて口座を開設する時から、モバイルペイメントシステムを使ったり、認証のサービスを利用するなど、高いセキュリティを駆使して、消費者の生活をできる限り豊かにするサービスを銀行等に提供していきたいですね。

※取材は2016年11月29日~12月1日まで、フランス・カンヌで開催された「TRUSTECH(トラステック)」にて

関連記事

ペイメントニュース最新情報

【7/30(木)CREPiCO自治体向けWebセミナー】 公金収納率UP!業務効率UP!住民満足度向上!簡単・便利に口座登録! 「ペイジー口座振替受付サービス」~キャッシュカードさえあればOK~(セイコーソリューションズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

加盟店でのレジ係トレーニング用のテストクレジットカード発売開始。 ターミナルの設定確認にもご利用いただけます。(FIME JAPAN)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP