三井住友カードが三井住友銀行と「SMBCデビット」を共同発行

2017年2月2日8:00

全国のVJAグループ各社へ向けて積極的に展開へ

三井住友カードは、2016年10月21日から、クレジットカード会社と銀行が共同で発行会社となる国際ブランド(Visa)付きデビットカード「SMBCデビット」の募集を開始した。同スキームは九州カードと西日本シティ銀行も採用しており、今後は全国のVJAグループ各社へ向けて積極的に展開していく方針だ。

カード会社がイシュアとしてブランドデビットを発行するケースは日本初
クレジットカードで培ったノウハウをフル活用

これまでのデビットカードは銀行が発行会社となり、カード会社はデビットカードの売上請求、ブランドとの精算業務、コールセンター業務等を受託したケースはあったが、「SMBCデビット」を発行するにあたり、三井住友銀行と三井住友カードは、三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMFG)として、三井住友カードが保有するクレジットカードで培ったさまざまなノウハウを活用するため、銀行とカード会社が共同で発行会社となる方式を日本で初めて採用した。

三井住友カード 商品企画開発部 グループマネージャー 前田将宏氏(右)と同部 シニアスタッフ 井関文典氏(左)

国際ブランド付デビットカードは、既存のクレジットカードのインフラを利用するため、国内特有のインフラの問題(オフライン加盟店等)への対応や、不正使用に対するモニタリング業務など、日常の細かい業務が発生する。「SMFG全体でみた場合に、弊社はクレジットカードやプリペイドカードのノウハウに加え、アクワイアラーとしてのノウハウをフル活用させていただくことが可能である点が、カード会社と銀行が共同イシュアとなるメリットです」と、三井住友カード 商品企画開発部 グループマネージャー 前田将宏氏は今回のスキームに至った経緯を説明する。

SMBCデビットの券面デザイン

西日本シティ銀行と九州カードの「NCBデビット」のスキームでも採用

三井住友カードでは、国際ブランドを介在したデビットカード取引が、既存のクレジットカード取引と類似している点に着目し、カード会社がデビットカードを発行することができるという整理を行った。前田氏は、「法解釈等の整理に時間を要しましたが、結果としてカード会社と銀行の共同発行に至ることができました」と話す。

今回のスキームは、西日本シティ銀行と九州カードが展開する「NCBデビット」の共同発行のスキームでも採用されている。今後は、同スキームを60以上のVJAグループ各社に提案していく構えだ。

「SMBCデビット」の展開については、「これまでクレジットカードを持ちたくなかった、持てなかったお客様に対して、訴求できると考えています。できれば、一人でも多くのお客様にキャッシュカードと同じ感覚で使っていただきたいです。また、三井住友銀行と提携して発行するクレジットカードのご案内を実施することができるとともに、これまでのクレジットカードだけでは得られなかったお客様の属性情報やトランザクションデータを取得することが可能です」と前田氏は意気込む。さらに、同部 シニアスタッフ 井関文典氏は、「これまでお取引いただいていない方へのリーチも含めて、さらにドライブをかけていきたいです」と力を込める。

受託に対応できるプラットホームを構築

なお、今回のスキーム構築に向けては、デビットカードの業務受託にも対応できる機能を追加している。傘下のカード会社を持たない金融機関の場合、三井住友カードが支援することも視野に入れる。

前田氏は、「各カード会社が個別にシステム対応した場合、莫大なコストがかかりますが、基本機能を共同利用できる仕組みのため、必要最低限の金額でご参画いただけます」と笑顔を見せる。今後はデビットカードのトランザクションデータから得られるデータを活用し、ビッグデータ活用やCLOが提供できる環境を整えていきたいとしている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

PayBWeChatPayのスマートフォン決済、信頼性の高い収納代行、送金など、様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP