データ 漏えいに関する国際調査「Breach Level Index」を発表(ジェムアルト)

2017年9月26日18:31

デジタルセキュリティベンダーのジェムアルト(Gemalto)は、このほど世界中で公表されたデータ漏えいインシデントのデータベースである「Breach Level Index」(BLI、情報漏えい危険度指数)の最新の集計結果を発表した。これによると、2017年上半期に世界中で発生したデータ漏えいは918件で、19億件のデータが漏えいしており、2016年下半期と比較すると、紛失、盗難、漏えいしたデータ数は、2.5倍以上(164%増)を記録した。2017年上半期では、百万件以上のデータが漏えいした大規模データ漏えいインシデントが22件発生している。なお918件のデータ漏えいのうち、500件以上(全データ漏えいの59%)については、漏えいデータ数が不明または非公開だった。

BLIはグローバル規模のデータベースで、データ漏えいを追跡し、その深刻度を漏えいしたデータ数、データの種類、漏えい源、データがどのように利用されたか、データが暗号化により守られていたかどうかなどの複数の要因を考慮して数値化している。BLIは、各漏えいインシデントに深刻度スコアをつけることで、「それほど深刻でない」データ漏えいと「危険な」データ漏えいを区別した比較リストを生成している。

BLIによると、公表されたデータ漏えいの評価を始めた2013年以来、今日までに90億件以上のデータが漏えい。2017年上半期には、医療データ、クレジットカード/口座番号、個人を特定できる情報など、毎日1千万件以上の、言い換えると毎秒122件のデータが漏えいまたは暴露された。特に問題なのは、盗難、紛失、漏えいしたデータのうち、情報を無価値化するように暗号化されていたのは1%に満たなかったことだという。これは、2016年下半期と比較して4%ポイントの減少だった。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP