ロイヤリティ・プログラム「スターバックスリワード」の魅力とは? Web登録したプリペイドカードの利用でStarが貯まる (スターバックス コーヒー ジャパン)

2018年5月9日7:18

スターバックス コーヒー ジャパンでは以前からプリペイドカード「スターバックスカード」を発行してきたが、2017年9月より、これをWebに登録することによって参加できるロイヤリティ・プログラム「スターバックス リワード」の運用を開始した。個々の顧客に合わせた情報提供により、「スターバックスカード」の稼働率を高めると同時に、“つながり”の強化を図っていきたい考えだ。 

Starが貯まるCRMプログラム
豊かな顧客体験を次の体験につなげる

スターバックス コーヒー ジャパンは、2017年9月20日より、同社初のロイヤリティ・プログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」の運用を開始した。同社が発行するプリペイドカード「スターバックスカード」を、スマホアプリ、もしくは、ウェブサイトからMy Starbucks登録することによって参加資格が得られる会員プログラムとなっている。

スターバックス コーヒー ジャパン デジタル戦略本部 CRM グループ グループマネージャー 清水省吾氏

My Starbucks登録済みのスターバックスカードで商品を購入すると、50円ごとに1 Star(スター)が付与される。1年以内に250Starsを集めると、Gold Starを集められるステータスに移行。Gold Star150個で、Reward eTicketを1枚発行することができ、これを使って、全国のスターバックス店舗で、1枚当たり、ドリンク、フード、コーヒー豆などの商品いずれか1品(上限税抜700円)と交換できる。

Reward eTicketを使って商品を購入したいという顧客に対し、店舗スタッフは、「新商品を試してみませんか」「チケットの限度額内でこういったカスタマイズもできますよ」といった新しい体験を提案。スターバックス コーヒー ジャパン デジタル戦略本部 CRMグループ グループマネージャー 清水省吾氏は、「お客様の体験をStarやReward eTicket というかたちに変え、それがまた次の体験につながるというサイクルができあがっていくのです」と説明する。

会員には、Reward eTicketと商品の交換のほかにも、新商品の先行購入、限定商品の購入、コーヒーセミナーなどイベントの先行予約といった特典が提供される。2017年のクリスマスシーズンには、一般には販売されない特別なデザインのスターバックスカードが当たるキャンペーンや、地球環境に思いを馳せるためにライトダウンを行い、その時間内に商品を購入した会員に通常より多いStarをプレゼントするイベントなどが実施された。

現在、日本国内のスターバックスは1,300店以上。毎週500万人近くの顧客が来店する。「スターバックス リワード」実施の目的は、これら多くの顧客に対して、個々の顧客に合った、スターバックスでしか味わえない、豊かな体験を提供することだ。

My Starbucksでは、氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、性別、生年月日などの登録を求めている。これに、スターバックスカードでの購買履歴を加味することによって、顧客の嗜好や行動パターンが浮かび上がってくる。同社ではこれに基づき、パーソナライズされたコミュニケーションを取って、顧客とスターバックスの“つながり”を強化していきたいと考えている。

Starbucks Rewards は、スターバックスで過ごすひと時が、ちょっとうれしくなるプログラム

スターバックスカード利用者は着実に増加
先行導入した米国同様の普及を目指す

2018年1月末現在で、My Starbucksにスターバックスカードを登録済みの「スターバックス リワード」参加者数は、220万人以上。2017年9月のリワード開始直前の登録者数150万人から70万人増え、約1.5倍となった。スターバックスカードの発行枚数そのものも拡大し、これに伴い入金総額も増えている。

また、2016年5月にローンチしたiOSおよびAndroid対応の公式スマートフォンアプリのダウンロード数は、現在260万を超えているが、このうち約1割が、スターバックスカードとして支払いに使われている。

カードのタイプはバリエーション豊富でデザイン性に優れ、ギフトとしても人気だが、常に顧客が手元に携帯しているスマートフォンの中にあるモバイルカードタイプは、顧客へのベネフィットの提供という意味でも、つながりの強化という意味でも、今後ますます拡大が期待される。同社では「スターバックス リワード」提供開始に合わせ、商品情報、店舗情報の検索、決済、Starの確認や特典との交換をスムーズに行えるように、公式アプリを一新した。

先行して「スターバックス リワード」を導入したアメリカでは、1,330万人いる会員による商品購入が売上高の36%を占め、モバイルによる支払いがアメリカ国内の店舗における取引の30%を占めている。清水氏は、「日本においてもアメリカと同水準を目指したい」と意気込みを見せた。

カード決済&セキュリティの強化書2018

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

PayBやWeChatPay/Alipay/ PayPay等のスマートフォン決済、ミニプログラム、 越境EC、リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP