電子マネーの動向について調査(日本銀行)

 2010年10月12日8:30

日本銀行は10月6日、利用する前にチャージを行うプリペイド方式(前払方式)の電子マネーの動向について調査結果を発表した。調査期間は2010年6月までとなり、専業系のEdy、交通系電子マネー(Suica、ICOCA、PASMO、SUGOCA、Kitaca)、流通系電子マネー(nanaco、WAON)の3種8つの電子マネーが調査対象となっている。

同調査によると、電子マネーの発行枚数は増加を続けており、4月には1億3,000万枚を超えた。前年比の伸び率は20%程度の増加が続いている。しかし、08年度の30%以上の伸び率に比べると、小幅ながら鈍化傾向が窺われるという。

端末台数は、今年度は前年比で5割近い高い伸びを示している。また、決済金額は、前年比で5割を超える高い伸びが続いており、6月中の決済金額は1,393億円となっている。決済件数も前年比4割前後の高い伸びを示しており、同月中の決済件数は、1億7,000万件となった。

1件あたりの決済金額の動向としては、08年度半ばまでは700円程度で推移していたが、最近は800円台半ばで推移している。また、発行枚数1枚あたりの月間決済金額も増加を続けているという。

電子マネーの発行枚数増加により、その残高(チャージ金額)も増加を続け、6月には1,152億円となった。1枚あたりの平均残高をみると
850円程度となっている。1枚あたりの平均残高は緩やかな低下傾向にあったが、2009年度後半にはその傾向に歯止めがかかったと発表している。

他のリテール決済手段との比較では、電子マネーの決済金額は年間1兆円台と、クレジットカードの年間信用供与額42兆円などに比べて小規模なものにとどまっているという。残高規模をみると、現金(銀行券および貨幣)発行残高は80兆円以上に達しているのに対して、電子マネーは1.2億円と少額にとどまっている。貨幣に対する比率をみると、年々増加しているものの、その水準は2.6%にとどまっているという。

■最近の電子マネーの動向について(日本銀行の発表資料)

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP