千葉県木更津市で電子地域通貨「アクアコイン」を秋から本格展開へ

2018年6月28日8:00

資金を地域で循環させ、ボランティア活動などでポイントも付与

木更津市と、君津信用組合、木更津商工会議所は、電子地域通貨「アクアコイン」の実証実験を2018年3月28日から6月24日までの3カ月間にわたり実施した。3者では、同実験の成果を踏まえ、秋からの本格展開を予定している。

木更津市、君津信用組合、木更津商工会議所がタッグ
地域の人々の利用、域外からの消費を呼び込む効果も期待

電子地域通貨「アクアコイン」の実証実験では、君津信用組合の役職員、木更津商工会議所職員、木更津市職員など約1,200名が、市内の加盟店で決済システムの稼動状況、操作性、利便性など、運用上の課題について検証している。

木更津市では、2017年10月に電子地域通貨のプロジェクトチームを設置。飛騨信用組合(岐阜県高山市)の「さるぼぼコイン」など、他の地域の事例も踏まえながら、木更津市内の中小規模店舗を中心に、地域でお金が循環できないかと考えたのがきっかけだった。

木更津市 経済部産業振興課 主幹 鈴木昭宣氏は、「木更津にお越しになられる方は、アウトレットを含めて増えていますが、電子地域通貨を活用して、商店街など、地域店舗における循環をより促進させていきたいです。また、観光客など、域外からの消費を呼び込む効果もあります」と説明する。

木更津市では、君津信用組合、木更津商工会議所の賛同を得て、連携して事業を行っている。各者の役割として、木更津市は市民に対する情報発信、行政ポイントの付与、行政分野での利用拡大など、市域の発展を目指す。君津信用組合は、コインの発行や送金、換金といった電子地域通貨のシステム整備などを実施する。君津信用組合 総合企画部 地域通貨課 課長 守政広氏は、「新たなビジネスモデルとして、これまで取引のない先がアクアコインを通じて手前どもとの取引関係がつながっていくと期待しています」と話す。木更津商工会議所は、会員に対しての加盟の呼びかけ、事業者間取引の普及などを行う。

クロワッサン木更津ワシントンホテル店で行われた、実証実験の実演。君津信用組合 宮澤義夫理事長が購入代金をアクアコインにて支払った

店舗の設備投資は不要で、投資コストを削減
手数料は商工会会員等が1.5%、それ以外は1.8%に設定

アクアコインは、木更津市内の店舗で1コイン=1円として利用することが可能だ。利用者は、スマートフォンの専用アプリを立ち上げ、加盟店に設置してある二次元コードを読み取り、利用代金を入力して店員に確認してもらい、決済が完了する。

決済フローは、さるぼぼコインで採用されたアイリッジの仕組みを参考にした。その理由として、店頭に二次元コードを印刷したプレートを設置するだけで済むため、決済端末などの設置など、店舗の投資コストを削減できることが大きい。また、現金授受やお釣りの受け渡しがないため、店員のレジ負担が軽減される。

加盟店が支払う決済手数料は、木更津商工会議所、木更津市富来田商工会、市内の商店会の会員および君津信用組合組合員については1.5%、それ以外の店舗は1.8%となっており、手数料の負担がそれほど大きくない利点もある。

アクアコインへのチャージは、1,000円単位、10万円以内で可能だ。実証実験では、タブレット端末を君津信用組合職員が木更津市役所、商工会議所等に持参するか、君津信用組合の本支店の窓口で対応していたが、本格展開に向けての検討課題となっている。君津信用組合プロジェクトチームの笈川雄一氏は、「週1回程度、各所に伺ってチャージを行っています。口座振替チャージやチャージ機の設置などさまざまな方法を検討しています」と口にする。

300店舗での本格稼働に向け成果
アクアコインで税金の支払いなどを目指す

アクアコインには、6月11日時点で202店舗が参加。木更津商工会議所では実証実験開始前、会員に向け2度の説明会を開催した。また、市役所でも取引先にPRしており、参加申し込みは日増しに増えているそうだ。当初、実証実験には100店舗の参加を見込んでいたため、その倍の店舗数達成には成果を感じているが、「300店舗での本格稼働に向け、早期にある程度の数を確保していきたいです」と鈴木氏は意気込む。

現在、実証実験には地元のスーパーが1店舗加盟しており、一番利用件数が多い。また、パン屋、お弁当など、日常的に利用される店舗での利用が多くなっている。守氏は、「参加店舗へのアンケートでは、約3割の店舗から集客が見込まれるという回答がありました。また、約3割が地域貢献のためだとしています」と説明する。木更津市には、大手ショッピングモールやアウトレットなどもあるが、まずは地域の個店から加盟を促していきたいとした。なお、本格展開の際は、店舗での決済に加え、BtoBの送金も行う予定だ。

また、利用活性化に向けたポイントなどのインセンティブ付与については未定だが、「拡販のためには利用者にお得感を与えることは必要だと感じています」とした。

今後の予定として、アプリの登録は2018年9月にスタート。本格稼動は10月21日の「ちばアクアラインマラソン2018」の開催前を予定している。鈴木氏は、「市民へのPRはもちろん、1万7,000名が参加されるちばアクアラインマラソンのランナーにご案内をお入れして、木更津市で食事やお買い物をされる仕掛けをしていきたいですね」と構想を口にする。市では、来年度をめどに、ボランティア活動等に対し、アクアコインを通じてポイント提供を開始する予定だ。将来的には、税金の支払いなどができる形を目指す。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP