PayPayが100億円キャンペーン第2弾でスマホ決済の日常利用を促進へ、前回の成果と課題も発表

2019年2月5日8:10

PayPayは、2019年2月4日に記者説明会を開催し、スマートフォン決済サービス「PayPay」において、2018年12月に実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」 の続編となる「第2弾100億円キャンペーン」を、2019年2月12日~2019 年5月31日まで実施すると発表した。

PayPay 代表取締役 中山 一郎氏

名称認知、サービスの理解で№1に
サービス開始4カ月で、累計登録者数は400万人を突破

記者説明会では、まずPayPay 代表取締役 中山 一郎氏が2018年12月の「100億円あげちゃうキャンペーン」の成果と課題について説明した。

具体的な成果として、12月4日のキャンペーン開始以降、スマートフォン決済サービスとしての名称認知、サービスの理解について、№1になった。また、サービス開始4カ月で、累計登録者数は400万人を突破。現在も登録者数は増えており、出資会社の一社であるヤフーの歴史でも最速で利用者が伸びている。さらに、2019年1月末時点で、1度でも決済されたアクティブ加盟店はキャンペーン前後で約10倍の増加となった。

PayPayボーナス付与額は、1月8日~10日に登録者に付与を実施。実際には115億円の付与を完了した。内訳として、ソフトバンクとヤフーが10億、PayPayが107億円を拠出。さらに、加盟店でも独自施策を展開し、キャンペーンの盛り上げを創出できたとしている。

課題はシステム障害、クレジットカード不正利用
3-Dセキュア登録で過去24時間で2万円かつ過去30日間で5万円の利用上限に

逆に課題としては、システム障害、クレジットカード不正利用が挙げられる。結果として、キャンペーン中に4回のシステムの障害が発生。そのため、キャパシティを拡張し、アプリ画面表示能力を向上させた。また、管理体制の強化で再発防止に取り組んでいる。

加えて、悪意ある第三者による不正利用が顕在化。不正に入手したクレジットカード情報をPayPayに登録し、購入されるケースがあったため、カード会社と連携して、不正被害額を全額補償した。

具体的な不正対策として、①セキュリティコードを含むカード情報の入力制限(盗用カードのカード番号と有効期限、セキュリティコードの3点が総当たりされるリスクの防止)、②カード利用時の上限額変更(30日間以内5万円の上限設定)、③カード利用時の上限追加(24時間以内に2万円の上限追加)、④本人認証サービス(3-Dセキュア)の導入、を行った。

2月4日からは、3-Dセキュアの設定が済んだクレジットカードの利用上限金額および Yahoo! JAPANカードのチャージ上限金額が、過去24時間で2万円かつ過去30日間で5万円となった。ただし、特定の条件を満たした登録者は、それぞれの上限金額を過去30日間で25万円まで引き上げる。

PayPayでは、今後のセキュリティ対策として、テクノロジーを使った監視体制の強化に取り組むとともに、キャッシュレス推進協議会主催の検討会への参画を予定している。

1回の支払いにおける付与上限は1,000円に
抽選で10回に1回の確率でボーナスを付与する「やたら当たるくじ」実施

第1弾の成果と課題を踏まえた第2弾のキャンペーンでは、「PayPay」での支払額の最大20%のPayPayボーナスを付与するキャンペーンと、抽選で100%のPayPayボーナスを付与するキャンペーン「やたら当たるくじ」の2つを実施する。前回のキャンペーンはわずか10日間で終了する結果となったが、今回はより多くのユーザーに参加してもらい、日常的に繰り返しキャッシュレス決済を体験してもらうことを目的とした内容に変更している。

具体的には、PayPay残高、Yahoo!マネーで支払った場合は20%、Yahoo! JAPANカードで支払った場合は19%、Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードで支払った場合は10%のPayPayボーナスを付与する。ただし、同キャンペーン期間中の付与上限は、支払方法にかかわらず、一人につき合計5万円相当、また1回の支払いにおける付与上限は1,000円相当となる。

また、PayPay残高、Yahoo!マネー、Yahoo! JAPANカードで支払うと、抽選で10回に1回の確率で100%のPayPayボーナス(最大1,000円相当)を付与する「やたら当たるくじ」を実施する。「Yahoo!プレミアム」会員の場合は、当選確率が5回に1回にアップする。同キャンペーン期間中の付与上限は、一人につき合計2万円相当となる。なお、Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードによる支払いは対象外となるそうだ。

また、「第2弾100億円キャンペーン」とは別のキャンペーンとして、2月4日正午から2月12日午前8 時まで、初めてPayPay残高にチャージした人のうち、5,000円以上をチャージした人を対象に、1,000円相当のPayPayライトを付与(2月22日前後に付与予定)するキャンペーンを実施している。

PayPayでは、大手チェーンだけではなく、日本全国の地域に密着した店舗の加盟も続々と増えているとした。今回のキャンペーンでは、より多くの人に、長期にわたり、何度も支払いを体験してもらい、PayPayが便利で、安心なサービスであることを理解してもらいたいとした。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

指紋認証付クレジットカードやログイン時の本人確認など生体認証技術を使用するコンポーネントの機能、パフォーマンス、セキュリティー試験をお引き受けします。(FIME JAPAN)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP