2010年11月16日8:00

ビザ・ワールドワイド 井原亮二氏に聞くAISの遵守状況
普及の課題はPCI DSS対応コストおよび維持コストの軽減策

ビザ・ワールドワイド(Visa)ではメンバーのアクワイアラと連携し、「AIS(アカウント情報セキュリティ)プログラム」の推進を行ってきた。同社では今年9月末までにレベル1加盟店(年間600万件以上の取引がある加盟店)に対し、PCI DSSの遵守期限を設定した。同取り組みの成果についてビザ・ワールドワイド リスクマネジメント/カントリーリスクダイレクター 井原亮二氏に話を聞いた。

加盟店のAIS遵守状況は? 

リアル加盟店では予想以上に時間を要するケースも 

――今年に入ってからの加盟店のAIS遵守状況についてお答えください? 

ビザ・ワールドワイド リスクマネジメント/カントリーリスクダイレクター 井原亮二氏

井原:Visaではグローバルタイムフレームの一環として年2回大手加盟店(レベル1および2)リストの洗い直しと確認された大手加盟店およびレベル3加盟店のPCI DSS対応状況についてアクワイアラより報告を受けています。 

確認されたレベル1および2加盟店については、EC系加盟店では対応が完了しています。一方、リアルの加盟店においてはレビューの結果、現行POSの仕様など技術的な課題が見つかり、PCI DSS遵守対応に予想以上の時間を要しているケースもございます。これらの場合でもPCI DSSの最重要要件とされている磁気情報の削除対応と最終的に完全遵守を達成するための計画の提出を受けています。 

――今年9月のレベル1の遵守期限に向けてのアクワイアラの動きはいかがでしたか? 

井原:Visaのアクワイアラとの緊密な連携の結果、前述のとおり一部のリアル加盟店で完全遵守が間に合わなかったケースもありますが、その場合でも磁気情報の削除完了報告とPCI DSS完全遵守にむけての対応計画の提出を受けており、その意味で期限遵守にむけてのアクワイアラと加盟店による最大限の努力が払われたと認識しています。 

国内でも業界レベルの本格的な議論が始まる 

カード会員情報非保持やTokenizationの提案も進める 

――今後のPCI DSS推進の方向性についてお聞かせ下さい。 

井原:PCI DSSは今年に入り、日本で普及に向けた業界レベルの本格的な議論が始まっています。また、カード会社で構成されるタスクフォースにより、加盟店・サービスプロバイダーへの提案活動も活発に行われています。これらの背景としては改正割賦販売法の施行、国内の加盟店でのカード情報流出事故の増加など、喫緊のテーマとして認識されてきていることが挙げられます。 

関係業界におけるPCI DSSの認知は格段に広がり、これからは次のステップとして、PCI DSS普及の裾野を広げるための課題、すなわちPCI DSS対応コストおよび維持コストの軽減策が必要と考えています。 

1つのアイデアとして、「カード情報を保管しない」という選択肢があります。カード情報を保管しないことによりPCI DSSのかなりの要件がクリアでき、またカード情報に置き換わる別のID番号で情報処理を進める(Tokenization)方策もUSでは広く採用されており、このようなアイデアを広く検討していくことが重要と考えています。 

■Best Practices for Tokenization Version1.0(Visa) 

■特集トップへ

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP